top of page

水物語その99 ヨーロッパのごみ処理事情の取材へ

全国の自治体から集めたアンケートで

「プラスチックごみ問題は、ごみ全体の処理システムをつくることでしか解決できない。」

ということを、明確に認識した協会は新たに3つの方針を定めました。

【1. ごみ焼却炉メーカーの技術開発の協力を行うこと】

【2. 埋立て処分の高度無害化方法の開発を推進すること】

【3. ヨーロッパとアメリカのごみ処理先進地をレポートし、国民全体の理解と協力を高める社会教育活動をすること】

これらの活動を進めるべく、各所担当が決まり、

私はグループ現代で産業映画の企画とプロデュースをしていた経験から、

協会の調査委員と一緒にヨーロッパとアメリカの都市の実情を取材し、

教育映画を作ることになりました。


早速、ごみ処理先進国の実情を調べた過去資料が渡されます。

その資料に基づいて私が書いたシノプシス=取材台本が

「ごみと社会 - 世界のゴミ処理システム」です。

※古い資料ですが残っておりましたので、本章の一番最後に載せています。

このシノプシスには

当時の日本のごみ情況について書いた文章があります。

どのような状況だったかが良く分かりますので紹介します。

「1  日本の状況

ヨーロッパのようにやるには、消費文化の虜になりすぎており、アメリカのように進めるには、資金も人材も政治も不足している。

日本の廃棄物問題=行政の不統一、行き当たりばったりの施策、住民の無関心とエゴイズム、企業理念と住民感覚の並行的対立、投資の不足、生活習慣の混乱、等々、どうしようもない日本の状況を、取材した事実によって「その通りだ」と共感し合える共通の情況認識を構築しましょう。」

上記はこれから作ろうとしている映画の目的を述べたものですが、当時の日本はまさにこのような状況だったのです。

取材先のアポイントや航空券の手配は協会のPRを担当している会社が全て対応してくれました。

ただ、当時のドル相場は1ドル 300円の時代です。

撮影スタッフを沢山連れて行けるわけもなく、取材班は私とカメラマンの2人に制限されました。


私は迷わずカメラマンを当時のグループ現代の中で敏腕カメラマンで合った堀田泰寛さんに決めました。

堀田カメラマンは、前作の「よみがえるプラスチック廃棄物」の撮影を担当しており、

私自身としても信頼のおけるカメラマンでした。


ごみを撮ることは、簡単そうに見えますが正しい記録として撮影するには実は非常に難しいのです。

ごみにはごみとなるまでの生活背景があります。

前作で私は「その背景までを撮ってほしい」と彼に話しましたところ、堀田カメラマンはそれを見事に撮影してくれたのです。

今度は世界のごみから見えてくる、地域の人々暮らしを撮れるのは彼しかいないと確信しての依頼でした。


しかし、一言に映像を撮るといっても照明も録音も必要です。もちろんそれらの機材も持っていかなければいけません。

今ではスマートフォン1つで撮影できますが、当時はひとつひとつの機材も大きく、必死に個数ギリギリで荷物をまとめました。

なんとかまとめた荷物を担いで、私と堀田カメラマン、そして協会メンバーであり、塩化ビニール樹脂メーカー大手日本ゼオンに勤めている飯島林蔵さんを含めた3人で「羽田空港」から出発しました。


それは1975年10月17日。まだ成田空港はありません。


南回りの安い航空券で最初の取材地、フランスのパリへ向けて飛び立ったのです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page