top of page

水物語その96 プラスチック処理の現場取材

三日後。

石油化学工業連盟の会議へと参加しました。

「プラスチック廃棄物の処理を検討するワーキンググループ」

と名前のついたこの会には業界内の優秀な社員が集められていました。

彼らの前で私はまとめ冊子と提案書を見せると

この業界がやるべきことについて、

既に検討されていた計画と一致していました。


それから3か月後の1971年11月。

「社団法人プラスチック処理研究協会」が設立され、

ワーキンググループは広報課として正式な組織になりました。

ワーキンググループ時代の議論で

広報すべきテーマは3つに絞られていました。

1、プラスチックの有用性を知らせること。

2、プラスチック廃棄物を再生加工する実例を紹介すること。

3、一般ごみに含まれるプラスチックごみの適正な処理方法を見つけること。


広報の一環として、最初に私が映像を作ることになったのが

「’72プラスチックを考える」

という102コマのオートスライドです。

これはまだ日本に普及したばかりのプラスチックが

どのように使われ、社会への効果を検証したものです。


シナリオハンチングで全国を廻って、私も詳しく見るのは初めてでしたので、

「こんなところに」とか「これほどまでに」と驚くことがいくつもありました。

特に、10年前から三種の神技と呼ばれた

テレビ・冷蔵庫・洗濯機などで使われる

プラスチック部品の工場はいくつも見ました。

また、今では当たり前になっていますが

農業用のビニールハウスの普及には本当に驚きました。

四国の高知や九州の宮崎、中部の山梨や長野、東北地方に広がるその景色は

当時、都会で暮らす人々にとって想像できない風景でした。

都市部ではマンションと住宅の建設が盛んでしたが

そのためのインフラ=即ち水道と排水に使われる塩ビ管もプラスチックです。

かつての、鉄管や土管での作業を知っている私は

その便利さに感動せざるを得ませんでした。

約2か月間のシナリオハンチングをして

もはやプラスチックなしでは

私たちの暮らしが成り立たなくなってることをまざまざと実感して

「この問題に見通しをつけなければならない」と

あらためて闘志が燃え上がりました。


今でも特に印象に残っている2つがあります。

1つは、ビール瓶のコンテナです。

それまでは松の木の板に釘を打って作られていましたが

ポリプロピレンというプラスチックで一体成型されるようになり、

とにかく壊れなくなりました。

映像の中で、木とプラスチックで使っている部品の差を見せるため、

木のコンテナをバラし、板と釘を並べました。

ズラッと並んだ部品の隣にプラスチック製をひとつ置いた

カットは今も覚えています。


2つ目は、発砲スチロールの魚箱です。

築地の魚市場では、全国から発砲スチロールの箱に

氷詰めされた魚が続々届きます。

その数は膨大なもので、市場の脇に造られた溶融装置で溶かされていました。

溶けたスチロールは幅を40cm〜50cm、厚さ20cmほどの箱型に固められ

中国に輸出されて再生原料になるとのことでした。

一体、何に使われているのか取材しましたが

このときはわかりませんでした。

しかし、次に作った映画「よみがえるプラスチック廃棄物」のロケハンで

中国に輸出された溶かされた魚箱のスチロールから

義務教育低学年の子どもたちの筆箱と定規が作られ、無料で配られていること。

さらに、クリスマスツリーに飾られる点滅するライトを作ってアメリカへ輸出していて

ニューヨークマンハッタンで恒例のクリスマスツリーのライトに使われていると聞きました。

「これは面白い!」と、シナリオ案に盛り込みましたが、

中国の取材許可が降りず、残念ながらボツとなりました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page