水物語その92 良質な堆肥の条件

畜産の現場で堆肥を作るには

CとN、炭素と窒素の混ぜ合わせる

比率が重要であることを前回お話しました。

CとNの比率、いわゆるC/N比の基準値は30です。

この数値の出し方はCである炭素を

Nである窒素で割って計算されるもので、

例えばある有機物に炭素100g、窒素10gが含まれている場合、

この有機物のC/N比は10となります。

畜産業界では、質の高い堆肥を作る数値として

C/N比が30、そして水分を65%にすることが

必須条件であると知られています。

しかし、原料となる牛・豚・鶏のフンに

どれだけN=窒素が含まれているのか、

はっきり調べていないところがほとんどです。

動物たちの体調に合わせて毎回計測し、

比率を計算するというのは、日々の実作業の中では難しく

だいたいこんなところだろうで作業しているのが

実情のようです。


特に重要なのが、65%の水分です。

この「水」が一体、どういう水なのか。

九州の実績のある農業指導者は

「酸化還元電位が+200以下の水でないと良い醗酵をしない」

と言い切っていました。


酸化還元電位とは

酸化させる力と還元させる力の差を

電位差で表した数値のことです。

この数値が高いほど酸化力が強く、

低いほど還元力に優れていることを表します。

+100ミリボルト以下の水は名水とされています。

ところが、日本中の畜産現場で使われる地下水や農業用水は

酸化還元電位が+300以上、+500から+600のところさえあります。

そんな水では堆肥がうまく醗酵しないため、

腐敗系の分解細菌が働いてしまい、悪臭とハエが発生してしまいます。

畜産業で良い堆肥を作るには

CとN、炭素と窒素の比率をしっかりつくることと

酸化還元電位が+200ミリボルト以下の水が必要なのです。

今まで紹介してきた畜産の現場でも

元々の水の数値は+300以上がほとんどでしたが

その水を水つくりリアクターで処理をすると

数値は+100〜+200ミリボルトまで下がりました。

材料の割合を変えてみたり、

資材を変えたりなどと、いろいろと試していても

上手くいかない理由は「水」にあったのです。

紹介した通り、水つくりリアクターを設置したあとは

見事な結果が出ています。


「水だけでこんなことってあるのかね!?」

これは、以前に紹介した山下養豚のオーナーの口癖です。

水つくりを設置してから毎日、

豚舎での変化を電話で教えてくれながら

驚きの声と共にこの言葉が続いていました。

そう言いたくなるほど、

様々な努力と苦労を重ねてきたのだと思います。


今回は少し専門的なお話になりましたので、

ぜひみなさんの感想やご意見を聞かせてください。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

長崎で夫人の話を一緒に聞いていた代理店のMさんは とても厳しい表情を浮かべていました。 事務所を出て養豚場を離れた後、 「あれほどだとは知らんかったとです。」 と悪臭による苦しみにショックを受けていました。 この現場以降、Mさんは 他の畜産農家へ水つくりを熱心に薦めてくれました。 断られることも多い中、何ヶ所も回ってくれた結果 それでも、福岡県の養豚家で1つ、 そして九州の有明と雲仙の酪農家の2つ

事務所に戻るなり、 「子どんらのPTAち、あっでしょがー」と 長崎弁で熱く話し出したご夫人。 それは悪臭の悩みは養豚場内だけではないことに 気付かされたお話しでした。 ご夫婦には高1の長女、中3の長男、小学5年の次男と 3人の子どもがいて、それぞれの授業参観やPTAの集まりには 夫人が参加していました。 朝の仕事を終えた後にシャワーを浴び、 香り付きのシャンプーや石鹸で髪の毛から全身を洗い、 下着

前回までに紹介した大村商事の堆肥つくり成功は 会社にとしても、非常に嬉しい事例でした。 大村商事のような現場に限らず、 農畜産業界ではとにかく「悪臭」は常について回る悩みの種です。 目に見えない「におい」は、現場の担当者にとってはとにかくツラいもので、 大村商事の堆肥担当2人の 悪臭が消えた喜びの実感はこちらにもひしひしと伝わりました。 二人の気持ちを想像できる事例があるので 今回はそのお話をしま