水物語その91 悪臭解消の取組み③

長崎で夫人の話を一緒に聞いていた代理店のMさんは

とても厳しい表情を浮かべていました。

事務所を出て養豚場を離れた後、

「あれほどだとは知らんかったとです。」

と悪臭による苦しみにショックを受けていました。


この現場以降、Mさんは

他の畜産農家へ水つくりを熱心に薦めてくれました。

断られることも多い中、何ヶ所も回ってくれた結果

それでも、福岡県の養豚家で1つ、

そして九州の有明と雲仙の酪農家の2つから注文を取りました。


早速取り付け、まずは6か月間お試ししてもらいました。

有明の酪農家では前回同様効果がはっきり現れ、

悪臭がなくなり、ハエは大幅に減少、

堆肥の醗酵も良くなりました。

何よりも酪農の生命線である、

乳の質と量がぐーんと上がったのです。

また、悪臭とハエがいなくなったことで

牛が自由に歩き回る牛舎内の環境が良くなり

乳房炎の心配が無くなりました。

この現場に続き、代理店Mさんの友人から紹介された

静岡県の養豚家にも設置をしました。

ここでも悪臭が消え、堆肥の出来も格段に上がりました。

また、母豚の出産頭数が安定するようにもなりました。

これは養豚家にとって非常に大きな改善です。

実は豚の出産はとても不安定で、

1回の出産頭数も平均8〜13頭とバラつきがあります。

胎盤からの栄養を全頭に等しく与えることができず

死産、もしくは体の弱い豚が生まれてしまいます。

そういった子豚は離乳時に飲む水で下痢をして

死んでしまうことも多いのです。


2ヶ所で大きな成果を挙げましたが、

残りの福岡と雲仙の2か所はモニター期間終了後に取り外しとなりました。

Mさんへ理由を聞いても

「ちっとは効果のあるごとあるバッテン…」

と答えるのみで詳しい理由は教えてくれませんでした。

畜産業への導入はその後も続きましたが、

効果がでたことで成果が伸び続ける現場もあれば

上手く効果が広がらない現場もあります。


この違いが起きる理由はどこにあるのか?

長年、様々な現場を見てきた上で出たのは

『今までのやり方を変えずに、効くか効かないかだけで判断されてしまうと効果が薄い』

という答えでした。


牛も豚も鶏も、とても繊細な動物たちです。

水が良くなったとしても、

自分たちが暮らす畜舎が掃除されていなければストレスを感じます。

堆肥の原料となるフンにもその影響は如実に現れます。

堆肥も生糞とおがくず・木のチップを

ただ混ぜているだけでは良い発酵をしません。

更に、高い醗酵剤を混ぜたり熱風を吹き込んだりして乾かしてしまうと

自然の発酵を邪魔してしまうのです。

自然の醗酵原理を無視して、効率のみに重きをおいてしまうと

上手くいかないのです。

特に堆肥を作るにはCN比、窒素と炭素の割合が重要です。

実際に、鶏、豚、牛の糞にどれだけのN(窒素)が含まれているのか?

調べるのは非常に大変な作業ですが、

それをはっきりつかんで必要なC(炭素)の量がわかれば

おが屑や稲わら、麦わら、落ち葉、枯草を

どのぐらい混ぜればいいか分かります。

適切な量を混ぜていくと分解するバクテリアが自然に発生して

分解熱を出し、醗酵してくれるのです。


次回はそのことについて詳しくお話しします。


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

畜産の現場で堆肥を作るには CとN、炭素と窒素の混ぜ合わせる 比率が重要であることを前回お話しました。 CとNの比率、いわゆるC/N比の基準値は30です。 この数値の出し方はCである炭素を Nである窒素で割って計算されるもので、 例えばある有機物に炭素100g、窒素10gが含まれている場合、 この有機物のC/N比は10となります。 畜産業界では、質の高い堆肥を作る数値として C/N比が30、そして

事務所に戻るなり、 「子どんらのPTAち、あっでしょがー」と 長崎弁で熱く話し出したご夫人。 それは悪臭の悩みは養豚場内だけではないことに 気付かされたお話しでした。 ご夫婦には高1の長女、中3の長男、小学5年の次男と 3人の子どもがいて、それぞれの授業参観やPTAの集まりには 夫人が参加していました。 朝の仕事を終えた後にシャワーを浴び、 香り付きのシャンプーや石鹸で髪の毛から全身を洗い、 下着

前回までに紹介した大村商事の堆肥つくり成功は 会社にとしても、非常に嬉しい事例でした。 大村商事のような現場に限らず、 農畜産業界ではとにかく「悪臭」は常について回る悩みの種です。 目に見えない「におい」は、現場の担当者にとってはとにかくツラいもので、 大村商事の堆肥担当2人の 悪臭が消えた喜びの実感はこちらにもひしひしと伝わりました。 二人の気持ちを想像できる事例があるので 今回はそのお話をしま