top of page

水物語その90 悪臭解消の取組み②

事務所に戻るなり、

「子どんらのPTAち、あっでしょがー」と

長崎弁で熱く話し出したご夫人。

それは悪臭の悩みは養豚場内だけではないことに

気付かされたお話しでした。

ご夫婦には高1の長女、中3の長男、小学5年の次男と

3人の子どもがいて、それぞれの授業参観やPTAの集まりには

夫人が参加していました。

朝の仕事を終えた後にシャワーを浴び、

香り付きのシャンプーや石鹸で髪の毛から全身を洗い、

下着から全てを着替えてようやく学校へ向かうのですが

旦那さんへ声をかけるため事務所に立ち寄る

そのたった数分でニオイがついてしまうのです。


いくら周囲に仕事のことを説明していても

教室に入り席に着くと、隣の人がスーっと間を空ける。

これが「一番キツかった」と話していました。

さらに子どもは3人いるので、このような場に

年に10回以上は参加しなければならず

その度に、夫人は悔しく悲しい思いを抱えていました。

しかし水つくりを使い始め、

悪臭が消えてからはそのまま学校へ行っても

誰も離れなくなったのです。

ニオイの心配をしなくてもよくなったことが

とにかく嬉しく、先週も小学校の集まりに行ったら

「不思議そうに見られました!」と

満面の笑みで教えてくれました。


更には、子どもは友達から

「豚飼うの止めたの?」

と聞かれたそうで

「んにゃ!やっちょる!」と自慢するように答えたそうです。


そして自宅の中も大きく変わりました。

食卓の上に常にぶら下がっていた「ハエ取り紙」がいらなくなり、

飛び回っていたハエを追わないで

落ち着いて食事ができるようになったこと。

におい対策で業務用の乾燥機でしか乾かせなかった

洗濯物を外に干せるようになったこと。

いつも窓を開けていられること。

そして、近隣の人々と距離感が縮まって親しくなれたこと。

次々と嬉しそうに話すエピソードの最後には

「これで、娘も安心して嫁に出せます」と語ってくれました。


私は、内水先生の「土と水の自然学」の取材現場で

悪臭に関する悩みをいくつも聞きましたが

夫人の話のように、くらしでの悩みを聞くのは初めてでした。

多くの畜産家がこういう苦しみか悲しい思いしているのだと

知った忘れられない出来事でした。

大村商事の堆肥場で働く二人の担当者も、

現場と自宅は離れていますが

身体に染み付く悪臭にどれほど苦しんでいたか、

想像するに難くありません。

大村社長の信念と、悪臭対策にかける姿勢を

素直に受け止めていたからこそ

技術を磨き続けられたのだとも思います。

しかし、水を変えれば全ての現場がうまく行くかと言うと

そう単純には言い切れないのという問題です。

次回はそのお話しをします。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page