top of page

水物語その88 有機物循環の取り組み③

後ろに立っていた二人の作業員は

堆肥場担当の方でした。

初めての視察の時にも彼らと顔を合わせていましたが、

「お礼を言いたいのだそうです」と大村社長から

改めて紹介を受けました。

水つくりを使い始めてから

悪臭が消えたこと、堆肥の質が格段に上がったことが

「とにかく嬉しいです」と伝えてくれました。

従来の方法から何をどのように変えたのかを聞くと、

二人とも首を横に振るので詳しく聞くと

「大きくは何も変えていない」というのです。

これは二人が長年培ってきた技術と水つくりの水が

かけ合わさったことで、自然発酵のための必要条件が

満たされたという証明でもありました。

素晴らしい現場を作られたことへ感謝を伝え

「お礼を言いたいのはこちらの方です!技術に自信を持ってください!」

と握手を交わしました。

次の現場へ向かう車の中で、

技術はもちろんのこと、礼儀正しく誠実さが伝わる二人を褒めると

大村社長は「彼らは本当に良く我慢してくれました。」と

いたわりを表していました。


堆肥つくりにおける自然発酵はなにが難しいのか。

このポイントを改めて説明したいと思います。


まず、何よりも大事なのはC/N比です。

C/N比とは有機物に含まれる炭素(C)と

窒素(N)との比率を表す指標のことです。

この値が低いほど窒素含有量が多く、

値が高くなると窒素含有量が少ないことを示しています。

C/N比の基準値は30。

これを境に高いか低いかを判断します。

値が低い=炭素率が低いと

・微生物の分解が早い

・植物に吸収される形(無機物)になるのが早いので肥料としての効果が高くなる

というメリットがあります。

しかし土つくりにはあまり効果を発揮しません。

反対に値が高い場合は、

・微生物の分解が遅い

・肥料としての効果は遅い

というデメリットがありますが

微生物の栄養となる有機物がたくさん含まれている状態のため

肥料効果は低くても土壌改良には効果的です。

自然の原理とは高い方がより良い、低い方がよくないというものではなく

バランスが大事なのです。


大村産業で作られている堆肥は

炭素が多く含まれる剪定枝や雑草と、

窒素が多く含まれる野菜くずなどの生ゴミを混ぜて作られていますが

原料からC/N比のバランスを計算するのは非常に難しく、

まして、実作業をしながら毎回測ることはできません。


そこで重要なのが実作業者の勘です。


あらゆる作業と実験を繰り返し経験したからこそ分かる勘が

良い堆肥作りの鍵となってくるのです。

この二つが合わさると

水と原料だけで良い堆肥が作れるのです。

生ごみからの堆肥つくりは

自治体でおこなっている小規模なものから

企業全体で大きく取り組んでいたりと

全国各所で行われていますが、

発酵がうまくいっていないところがほとんどです。

そんな中で、発酵温度が80℃にまで達し、

表面全体に放線菌が出ている堆肥を見るのは

私は初めてでした。

ここで出来た堆肥は「土が良くなる堆肥」として

地域内の農家や家庭菜園に使われ

「土が柔らかくなった」「野菜の味が濃くなった」

と感想が集まっているようです。


一連の見学が終わってから大村社長へ

今回の事例を水物語で報告して良いか伺うと

「もちろん構いません。」

と快く許可をいただきました。」

「土が良くなる堆肥」のパンフレットの写真と野菜くずから

堆肥が出来るまでの写真をHP載せていますので

ぜひご覧ください。



大村商事 堆肥リーフレット


▼堆肥化までの作業工程

①学校給食・レストランから収集した野菜くずの中の異物を分ける作業

②下の大型のミキサーに水つくりの水を入れて細かく砕かれる

③ミキサーで細かくされた野菜くず

④別工程で作られた廃木のチップと混ぜられる

⑤収集された廃木

※堆肥化の工程では剪定枝をチップ化したものを使用しています。


⑤細かい野菜くずと木材チップを混ぜて積み上げて発酵させる(水分約60%)


発酵温度は60~80度で放線菌が白くびっしりと生えている。悪臭は全くしなくなった。


完成した堆肥

ゴミ収集車が8台あるが収集後に水で洗うとゴミの臭いがしなくなったとのこと。

工場の水元に設置されている水つくりMZ‐Ⅱ型セット。

大規模な工場や施設(呼び径25mm)の場合に設置をします。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page