top of page

水物語その87 有機物循環の取り組み②

更新日:2022年7月7日

Nさんからの嬉しい報告電話を受け、

後日、大村商事へ視察に伺いました。


当日は、大村社長の案内のもと

現場を順番に見て回りました。

私がまず驚いたのは

回収した野菜くずをジュースにする作業を行うエリアでの

悪臭が無くなっていることでした。

何を変えたのか聞いてみると

集めてきた野菜くずを洗う時に使う水が変わっただけだというのです。

生ゴミのなかにはプラスチックゴミやスプーンやフォークなどの

金属類が混入していることがあります。

これらは堆肥にできないので、

ホースからでた水で洗いながら仕分けるという工程があり、

この水が水つくりの水に変わっただけで

消臭剤などは一切使ってないのだそうです。

前回の視察時にNさんと話していたところで

見事に効果がでたのです。

さらには、収集車を水つくりの水で洗うとゴミのにおいが消え、

だんだんと工場全体からも悪臭がしなくなったとのこと。

収集車を運転する作業員の方も、悪臭が消え

作業時のツラさがなくなりとても喜んでいると

社長も嬉しそうに教えてくれました。


次に向かったのは

ジュース化した野菜くずと木くずの撹拌作業を行うエリアです。

箱型トラックの荷台を車から下ろして特大の容器として使い

中に原料をいれ、ショベルカーで撹拌作業を行なっていました。

この方法で毎日2トンもの野菜くずを処理しているそうです。

もちろんここでも悪臭はほとんどありませんでした。


いよいよ発酵場へ案内されました。

前回も書いたようにこの発酵の作業が、

一番難しく、悪臭も強くなります。

体育館のような発酵場の扉をあけて入るなり、

私は思わず驚嘆の声をあげてしまいました。

前回訪れたときには3mほどの高さまで積み上げられていた堆肥が

発酵して2m程度まで低くなり、

その山の表面全体に白い放線菌がびっしりと付いていたのです。

差し込まれている温度計を見ると、なんと80度もありました。

どういうことかと簡単に説明すると

放線菌とは農業における非常によい働きをしてくれる微生物で、

内部が80度もの高温状態になっていると、

病原菌、寄生虫の卵や雑草の種はほとんど死んでしまい

微生物として強いものしか生息できない状態なのです。

前回よりも明らかにレベルの上がった

良質な堆肥が出来上がっていたのです。

こうなると、悪臭はなくなり土の匂いがするようになります。


素晴らしい成果に感動していると、

すぐ近くに作業制服を着た二人が

帽子を両手で握りしめ立っていました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page