top of page

水物語その85 まわり道の終わりに

サブタイトルに「水へのまわり道」とつけてから

キタキツネ、オジロワシ、エゾリス、サケ、そして水泳のお話を

してきましたが、どれもすぐには

「水」との関係に結びつかないかと思います。

特に、前回までの水泳の話は読者の方から

どういう意味で「良い水」に繋がるのかが分からない

という声ももらいました。

野村教授の理論でもっとも重要なのは

「人間の身体を正しく使う」という点です。

この「身体を正しく使う」ためには

「良い水が必要である」ことを自分の身をもって

経験し、そして「水つくり」にたどり着きました。

まず、身体を正しく使うためには

構造を正しく知らなければなりません。

1枚の皮膚の下には骨、筋肉、内臓、神経回路、脳、などの

組織がありそれらが調和して働くことで

人間や動物は動き、考えることができます。

しかし、呼吸の仕方、歩き方、話し方、食べ方には

それぞれに「クセ」があり、

だんだんと「基本の形」からズレてしまいます。

このズレを放置してしまうと、

筋肉の実体としての歪みだけではなく

考え方や感性にも影響するとも言われています。


余談にはなりますが、小学2年生の時に

高いところから飛び降りて右足首を捻挫しました。

気絶するほど痛かったのですが、直後に行軍の授業があり

我慢して歩いていたら痛みを感じなくなったので

そのまま放置して、いつの間にか忘れてしまいました。

時は経って37歳の頃。

ある整体師さんのもとで、右足首に大きな膨らみがあることがわかりました。

その影響が右の膝から腰椎、胸椎、頸椎まであり、

身体が大きく歪んでいたのです。

すぐ治療をお願いしたのですが、その整体師さんから

「古傷を治すには、怪我をした時から気が付いた時のまでの倍の年数がかかる」

と言われました。

整体師さんの理論だと、

怪我したのが8歳、気がついたその時は37才ですから約30年。

その倍ということは、完全に治る頃には97才まで掛かることになります。

それなら自己治療をするしかないと決めて

いろいろな方法を試して来ました。


水泳のテーマに出会った時には

足首の膨らみは無くなっていましたが

30年溜め込んだの歪みは深いところに残っていました。

これを解消するためには治療ではなく、

身体を正しく動かすことが必要だと思っていたところに

野村教授の水泳法と出会ったのです。


身体を正しく使えるようになると

無意識に出来るようになること、

そして習得するにはゆっくり繰り返すことが重要であると

体感したのです。


それを、さんざん行った果てに

身体を元から正しくするためには

「良い水が必要である」ことに

辿り着いたのです。


「良い水」が必要なのは人間の身体だけではありません。

自然環境、農業や畜産業での実例を見ても、

生命体にとって「良い水」が根源的に必要なのだと確信しています。


本当の「水」にたどり着くまでに永い永いまわり道をしましたが

地球時間にすれば一瞬のことかもしれません。


ずいぶんと「水」から離れたお話が続いてしまいましたので

次回は、最近の「水つくり」の水で今起きている素晴らしい実例についてお話します。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page