水物語その84 スポーツ水泳の学び③

筑波大学での事前取材を終えたのち、

全6巻のシナリオと2週間のロケーションスケジュールを

組みました。

提出先は小中学生向けの教材を出版している新学社。

ポピーや有名な猫のキャラクターがイラストにはいったドリルなどを

出版している会社です。

当時は本社の京都から東京へ新しく支社を設立したばかりでした。

そこで新たな試みとして、

小学生向けに今までにない新しい映像教材をということで

今回の水泳教材の企画には快諾してくれたのです。


野村教授の基本理念である

「人間が本来、身体に備えている機能に合わせて泳ぐ」を

子どもたちへわかりやすく伝えるには

「見てみて”やりたい!”と思わせること」が重要でした。

水とは戦わないで、親しくなること、

速く泳ごうと力任せに進もうとする動きではなく

身体のつくりにあわせて泳ぐこと。

すると、いつの間にか楽しくなってくる。

中からわいてくるその楽しさへの

きっかけとなる教材にしたかったのです。


そのため、理論を言葉で説明するのではなく、

モデルが泳ぐ実際の映像でポイントとなる身体の動きを見せたあと、

その姿を、前、横、上と、映像を繋げる

サイバービジョンという技法を取り入れました。

そうすることで、泳いでいる時のイメージを立体的に持てるようにしたのです。


さらに、泳ぎのリズムを覚えてもらうために

映像の後ろにレゲー音楽を流しました。

当時、まだ日本では馴染みのないカルチャーでしたが

「泳ぎのリズム」を覚えてもらうには

最適でした。

モデルとして出演してくれたのは

筑波大学の水泳部の選手と付属小学校の生徒です。

毎日猛練習を重ねていた彼らですが

この撮影で野村教授の理論を身体で理解し、

徹底的に実践したこともあってか

なんと撮影後、クロールに出演してくれた女性の選手が

100mのタイムがなんと10秒も速くなったそうです。

撮影は予定通り進みましたが、その後の編集に丸2ヶ月かけて

ようやく1本10分、全6巻の水泳教材が完成しました。


野村教授はその後、6人ものオリンピック選手の育成と

指導にあたり、大学のみならず「水中運動療法」という

運動が苦手な人や、介護が必要な方への運動処方のサービスを立ち上げています。

あれから数十年たった今でもその理念は変わらず

「水と親しくなり、楽しく泳いで、健康で長生きを」と幅広く活躍されています。


この時作った作品はVHSしかなくて映像を紹介出来ません。

パッケージの写真とプールに貼る防水紙で出来たイラストを載せておきます。



バタフライの基本


楽しく泳ごう

水に慣れて泳ぎ始めるまでがすごろく形式になっています


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Nさんからの嬉しい報告電話を受け、 後日、大村商事へ視察に伺いました。 当日は、大村社長の案内のもと 現場を順番に見て回りました。 私がまず驚いたのは 回収した野菜くずをジュースにする作業を行うエリアでの 悪臭が無くなっていることでした。 何を変えたのか聞いてみると 集めてきた野菜くずを洗う時に使う水が変わっただけだというのです。 生ゴミのなかにはプラスチックゴミやスプーンやフォークなどの 金属類

我が社の目標は 「水本来の力を取り戻す、日本から、そして世界へ」ですが、 最近、水つくりの水で大きく環境が変わった事例がありましたので トピックスとしてご報告します。 少し長くなりますが近年でも大変嬉しい事例でしたので よければお付き合いください。 埼玉県にある、「大村商事株式会社」という 一般廃棄物処理業を営む会社です。 回収エリアは埼玉県の五つの市。 市内の学校や会社にある社員食堂、飲食店など

サブタイトルに「水へのまわり道」とつけてから キタキツネ、オジロワシ、エゾリス、サケ、そして水泳のお話を してきましたが、どれもすぐには 「水」との関係に結びつかないかと思います。 特に、前回までの水泳の話は読者の方から どういう意味で「良い水」に繋がるのかが分からない という声ももらいました。 野村教授の理論でもっとも重要なのは 「人間の身体を正しく使う」という点です。 この「身体を正しく使う」