top of page

水物語その76 サケのふ化放流事業②

サケを捕獲する方法はもちろん

定置網を使ったものだけではありません。


サケの生まれた川に戻ってくるという生態を

活かした方法でも捕獲されていました。


まず、サケは卵から孵ったあと川を下り海へと出ます。

そして太平洋の北側のアリューシャン列島からカナダの沖合で

3年から6年ほど過ごして子孫を残せるまで育ったら

生まれた川に戻って来ます。

あんなに広い海の中で何年も過ごしているのに

どうして生まれた川へ帰ってこれるのか

その体の仕組みはまだ分かっていません。


生まれた川の水が流れ出る河口には

沖合の定置網に掛からなかったサケが

海が盛り上がって見えるほど帰って来ます。

流れ出る川の水と海水が混じる場所で、

体が慣れるまで数日間過ごして、

慣れたものから順番に登り始めます。


この生態を利用し、

川の途中には堰(セキ)と簗(ヤナ)が作られています。

ここで定置網にかからなかったほとんどのサケが捕獲され、

川の横につけられたトラックの水槽へと吸い込まれていくのです。

ここで捕獲したサケは上流の人工孵化場に運ばれます。

本来、長い時間をかけ上流に昇り

卵を産むためこのように捕獲された

サケのお腹の卵はまだ成熟していません。

そのため、人工孵化場には産卵場所の川水を引いて

流れを作った水槽がありその中で卵が熟すまで

サケは泳ぎ続けます。

産卵時期が来るとメスの体には

婚姻色と呼ばれる赤い縞模様が現れ、

オスは鼻先が飛び出してきて

「ハナマガリ」の特徴がみられます。


婚姻色が進んだメスは次々に捕えられ、

腹を裂いて卵が取り出されます。

メス一匹から取り出される卵の数は

約2500〜3000個。

大きなアルミボールが一杯になるまで卵を取り出すと

すぐにオスのお腹をしぼって精子がかけられます。

そして人の手で混ぜるのです。

混ぜる作業を人間の手で行うと、

卵の受精率が100%に近くなるとのことです。

こうして受精した卵は網目の容器に移され、

流れる水の中へと沈められ、余った精子を洗い出します。

そして、自然の産卵場所に似せて造られた水槽に沈められて

孵化するまで過ごします。

取材した孵化場で採卵のため捕獲されるサケは

メスが年間約5万匹、オスが約1万5000匹。

採卵される卵の数はなんと1億粒。

ほとんどが孵化されています。


では、知床のサケが登る川ではどんな自然産卵をするのか、

番組では自然産卵の仕方から、孵化して、育って、

海に出て行くまでの様子を詳しく見ていきます。



野生の王国「秘境知床 日本でここだけ!サケの自然産卵」から


川に作られた堰(セキ)と簗(ヤナ)



人工孵化の工程


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その164「土と水の自然学」の取材⑰~理論編~

内水先生は「理想的な沼の底質」と表現されますが、 ここでは分かりやすく、理想的な条件が揃った中で、 永い時間を掛けて出来た「沼の土」、もしくは「最高の土壌」と呼ぶことにします。 前回は、その「最高の土壌」が出来る自然の条件と 出来上がった「最高の土壌」が最悪レベルに汚れた水を たちまちに綺麗にする実験の話をしました。 今回は、その「最高の土壌」ができるしくみを 理論的に解読する話です。 白板を背に

水物語その163「土と水の自然学」の取材⑯~理論編~

今回から理論編に入ります。 理論編もノーナレーションで作られています。 畜産編と処理編の現場事実を観ながら、 いろんな疑問が浮かび、更に詳しい説明を求める人に、 内水先生が突っ込んだ説明を様々なシチュエーションで行ったものです。 ここではそれを映像なしで紹介するのですから、 途方もなく難しい作業ですが、是非理解して欲しい内容です。 「土と水の自然学 - 理論編」のタイトルが消えると、 九州のある低

水物語その162「土と水の自然学」の取材⑮~処理編~

処理編の最後は、多くの住人が住むマンションの生活排水処理に関してです。 マンションの全景が画面に表示されます。 「兵庫県明石市 土山駅前スカイハイツ」 地上14階 戸数647 画面が切り替わり、処理施設の入口には、 現場担当者を挟んで内水先生とインタビューアーの長崎浩さんが立っています。 長崎さんが早速インタビューを始めます。 「このマンションは建ってから何年になるのですか?」 「約10年になりま

Comments


bottom of page