top of page

水物語その76 サケのふ化放流事業②

サケを捕獲する方法はもちろん

定置網を使ったものだけではありません。


サケの生まれた川に戻ってくるという生態を

活かした方法でも捕獲されていました。


まず、サケは卵から孵ったあと川を下り海へと出ます。

そして太平洋の北側のアリューシャン列島からカナダの沖合で

3年から6年ほど過ごして子孫を残せるまで育ったら

生まれた川に戻って来ます。

あんなに広い海の中で何年も過ごしているのに

どうして生まれた川へ帰ってこれるのか

その体の仕組みはまだ分かっていません。


生まれた川の水が流れ出る河口には

沖合の定置網に掛からなかったサケが

海が盛り上がって見えるほど帰って来ます。

流れ出る川の水と海水が混じる場所で、

体が慣れるまで数日間過ごして、

慣れたものから順番に登り始めます。


この生態を利用し、

川の途中には堰(セキ)と簗(ヤナ)が作られています。

ここで定置網にかからなかったほとんどのサケが捕獲され、

川の横につけられたトラックの水槽へと吸い込まれていくのです。

ここで捕獲したサケは上流の人工孵化場に運ばれます。

本来、長い時間をかけ上流に昇り

卵を産むためこのように捕獲された

サケのお腹の卵はまだ成熟していません。

そのため、人工孵化場には産卵場所の川水を引いて

流れを作った水槽がありその中で卵が熟すまで

サケは泳ぎ続けます。

産卵時期が来るとメスの体には

婚姻色と呼ばれる赤い縞模様が現れ、

オスは鼻先が飛び出してきて

「ハナマガリ」の特徴がみられます。


婚姻色が進んだメスは次々に捕えられ、

腹を裂いて卵が取り出されます。

メス一匹から取り出される卵の数は

約2500〜3000個。

大きなアルミボールが一杯になるまで卵を取り出すと

すぐにオスのお腹をしぼって精子がかけられます。

そして人の手で混ぜるのです。

混ぜる作業を人間の手で行うと、

卵の受精率が100%に近くなるとのことです。

こうして受精した卵は網目の容器に移され、

流れる水の中へと沈められ、余った精子を洗い出します。

そして、自然の産卵場所に似せて造られた水槽に沈められて

孵化するまで過ごします。

取材した孵化場で採卵のため捕獲されるサケは

メスが年間約5万匹、オスが約1万5000匹。

採卵される卵の数はなんと1億粒。

ほとんどが孵化されています。


では、知床のサケが登る川ではどんな自然産卵をするのか、

番組では自然産卵の仕方から、孵化して、育って、

海に出て行くまでの様子を詳しく見ていきます。



野生の王国「秘境知床 日本でここだけ!サケの自然産卵」から


川に作られた堰(セキ)と簗(ヤナ)



人工孵化の工程


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page