水物語その73 オジロワシの遊び

夏のあいだ、シベリアで暮らしているオジロワシは

冬になると魚のいる河が凍ってしまうので

南へと流れ出る流氷に乗って北海道の東にやって来ます。

その数は4000羽〜5000羽とも言われ、

知床は極東で最大の越冬地になっています。


番組では、そのオジロワシが冬の間にどんな生き方を

しているのかを紹介しました。

なんと、ほとんどの時間を

他の鳥や動物たちと遊んでいたのです。

例えば、

カラスの子どもたちがオジロワシに

「遊んで!遊んで!」というかのようにまとわりつくと

「よーし!」とばかりに、林の中から大きな木の枝を足で掴み、

高く高く舞い上がります。

カラスの子どもたちがその枝に並んで捕まると

勢いよく落下して林の中を突き抜けます。

カラスの子どもは必死に捕まっていますが次々に手を放します。

オジロワシが向こうの林から出て来ると

「もう1回!もう1回!」とねだるように

カラスの子どもたちがオジロワシの元へ集まってくるのです。

その度にまた同じことを繰り返し、

「はーい、おしまい!」と言うようにオジロワシが

木のてっぺんに止まるとカラスの子どもたちも近くの枝に止まるのです。

私たちはこの遊びを「カラスのジェットコースター」と名付けました。

近くに生息するオオワシはこの遊びをすることはないと言います。


海に近い湖、涛沸湖(とふつこ)は凍ると

地面のように平らになるので絶好の遊び場となります。

オジロワシの子どもたちが集まって

捕まえた魚の取り合いをします。

蹴ったり突っついたり、

まるで長屋の子供たちが集まって

じゃれ合っているかのようです。


湖の氷の上にはキタキツネもやってきます。

自分の縄張りだと威嚇するキタキツネを

オジロワシはわざと少し追わせて、飛び上がり、

またちょっと逃げてとからかうように遊びます。


流氷が消える前の道東、

北海道の知床から北の海に面した地域は

北へ帰る野鳥たちでにぎやかになります。

オオハクチョウが大きな声で群れで

氷の解けた浅い湖の魚を採っています。

そばには美しくてかわいいホホジロカモも群れて泳いでいます。


地元の漁師たちが浅い湖に入って、

ワカサギ漁をするおこぼれに預かろうと

いろんな鳥たちが周りを囲みます。

そんな時のオジロワシは別格で、

真っ先におこぼれを頂くのです。


次回は、オジロワシの珍しい子育ての様子をお話しします。



~野生の王国「舞え!海を抱く大空の王者オジロワシ 知床」から~


木の枝を持って遊ぶオジロワシとカラス


浅い湖にいるオオハクチョウ



自分の首が届く深さなのを知っているので

頭を思いっきり突っ込んでエサをとる


オオハクチョウの群れ


ホオジロカモ


ホオジロカモの群れとオオハクチョウ


オジロワシの子ども。子どもの時は、尾は白くなく、クチバシもグレー。

大人になると尾が白くなり、クチバシも黄色くなる。

カラスが尾の毛をつつこうと遊びに来ている様子。(3枚目)






閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1年間の追加撮影を行ったあとは 膨大な映像素材を編集し、 ようやく番組を放送することができました。 番組のはじまりは 猛烈な吹雪の中、木の枝の上で クルミを食べるエゾリスからです。 スタジオには鈴木さんを呼びました。 冒頭のエゾリスの姿に、 「上手に割って食べるんですね」 と聞き手の見城さんは感心していましたが 「いや、こいつはまだ下手くそですね」 と鈴木さん。 長年追っているからこそわかる違いが

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って 撮影を進めていきました。 足繁く通ったかいがあり、 エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。 冬が終わると、次は6月。 弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。 鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。 まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。 まだどんぐりの実

鈴木泰司(やすし)さんは1987年に エゾリスの写真集を平凡社から出版しました。 副題には「森の妖精」とつけられたその写真集の表紙は、 エゾリスと鈴木さんの関係が1枚で伝わる 非常に素敵な表紙です。 表紙をめくった最初の見開きには 当時4才の鈴木さんの長男・草介(そうすけ)くんが エゾリスと間近で見つめ合っている写真が載っています。 四季折々の彼らを追ったその写真たちには 森への深い思いとエゾリス