水物語その4 アフリカの土

翌朝、一番大きなカバの池までは緩やかにしか走れないので

2時間見てほしいということで

午前3時に出発しました。

赤道直下の夜は、月が出ていないと本当に真っ暗です。

手をかざしても自分の手が見えません。

ライトを点けると危険だということで、そんな闇の中をドライバーは無燈でゆるゆると進みます。

ドライバーには道が見えるとのこと。

突然、ドライバーが停車ランプを一瞬点けました。

何と目の前に大きなカバのお尻が見えました。

車はエンジンを切ってしばらく停車です。

しばらく待って、もう大丈夫だと言って発車しました。

そんなことが2度あって、ようやく空が白くなると草原の中に

カバたちの大きな塊があちこちに見えました。

目的の池に着いた時はすっかり明るくなって朝靄が立ち込めていました。

レンジャーはほとんどのカバがもう帰っていると言いました。

確かに100頭以上のカバたちが池の中に群れをつくっていましたが、

驚いたのは、昼間あれほど糞だらけだった池の水が底の見えるまで澄んでいたことです。

一体これはどういうことだろうか?と驚いているところへ、

何と傷だらけになったカバが帰って来ました。

腹と尻の皮が破れて白い脂身と骨が見えています。

恐らくライオンの狩りに合ったのでし ょう。

後ろにはまだ諦めないハイエナの群れが付いてきています。

傷だらけのカバは真っ直ぐ池に入りハーレムの中に納まりました。

この後どうなるのかとレンジャーに質問しましたら

「あれはも う大丈夫だ。夕方までにあの傷は治っている」

と言うのです。

日中の暑さ、糞と尿の池に浸かり続けることを考えると

俄かには信じ難い返事でしたが、

その後10日間の滞在中に同じカバを発見し、

見事に傷が塞がっているのを確認することができました。

草原に草食動物が過密に居過ぎることへの疑問、

糞だらけのカバの池が一晩で透明に澄むことへの疑問、

カバの傷が半日で治ることへの疑問が

一挙に解消する機会に遭遇しました。

ルワンダとの国境に近いゴマという町で

ピグミーの集落へ飛ぶチャーター機を待っている日に、

地元の古い豪族から招待を受けました。

お饅頭のような丘が左右に幾つも見える峰道を登った頂上に 石造りで平屋の大きな屋敷がありました。

広い応接間には幅の広い分厚い一枚板の長いテーブルがあり、

その中央に果物や野菜、パンや骨付き肉がずらりと並んでいました。

後ろのガラスケースの中には、シャレコーベが幾つも陳列されており、

人類発祥の頃のものだとの説明を受けました。

50歳前後の主は、非常に穏やかな声で語り、

文明社会とは切離れた叡智に満ちている雰囲気を漂わせていました。

自分の工場で作ったという美味しいワインで乾杯して、

並べられた料理をいただきましたが

どれも驚くほどの美味しさでした。

全部自分の領地で採れたものだと言った後、突然

「ディレクターそうかわ、あなたの前のレタスは私の農場では何日で採れると思いますか?」

と主が尋ねました。

「種から?」

「そうです。種からです。」

“きっと、速く採れると自慢したいんだろうな、日本の半分かな・・” と考えて「1か月ですか」と答えました。

主は、立てたひとさし指を左右に振って、

「一週間」

と笑みを浮かべ、しかし真顔で言いました。

「一週間!?・・そんな・・」

しかし、嘘を言うはずはない。

私の頭は超高速でフル回転を始めました。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1年間の追加撮影を行ったあとは 膨大な映像素材を編集し、 ようやく番組を放送することができました。 番組のはじまりは 猛烈な吹雪の中、木の枝の上で クルミを食べるエゾリスからです。 スタジオには鈴木さんを呼びました。 冒頭のエゾリスの姿に、 「上手に割って食べるんですね」 と聞き手の見城さんは感心していましたが 「いや、こいつはまだ下手くそですね」 と鈴木さん。 長年追っているからこそわかる違いが

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って 撮影を進めていきました。 足繁く通ったかいがあり、 エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。 冬が終わると、次は6月。 弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。 鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。 まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。 まだどんぐりの実

鈴木泰司(やすし)さんは1987年に エゾリスの写真集を平凡社から出版しました。 副題には「森の妖精」とつけられたその写真集の表紙は、 エゾリスと鈴木さんの関係が1枚で伝わる 非常に素敵な表紙です。 表紙をめくった最初の見開きには 当時4才の鈴木さんの長男・草介(そうすけ)くんが エゾリスと間近で見つめ合っている写真が載っています。 四季折々の彼らを追ったその写真たちには 森への深い思いとエゾリス