top of page

水物語その24余話 食品成分の変化

ドキュメンタリー映画のプロデューサーとして、

教材映画「流れる水の働き」制作から46年、

内水博士の「土と水の自然学」からは29年。1992年に水つくりの最初の特許を申請し、2003年11月には水流調節を行うプレートの特許を申請してから15年間経ちました。

これまで色々な失敗や経験を重ねてきた中で、今感じていることをお話したいと思います。 それは、地球ガイアがつくる「構造水」には「神の子池」のような最高レベルのものから、

アオコなどが棲息する低レベルのものまでが階層を持って存在するらしいということです。 場所によっては構造が崩れていてアオコも棲めないような水がありますが、

水つくりのプレートを通過させると一気に「構造水」化します。

ガイアの体内の水はどこでも「構造水になろう」としているように思えます。 生きものは「構造水」のレベルに合わせて生育しています。

土の地力も「構造水」のレベルと合致するようです。 かつて日本中の水が良いレベルの「構造水」であった頃の土でできた

野菜と今の土でできた野菜を比べてみると、必須成分が10分の1になっています。



日本で最初の「食品成分表」が作られたのが1950年。

その後改訂が重ねられ2000年の第5訂と比べたのが1枚目の表です。

新留勝行著「野菜が壊れる」から引用) ほうれん草のビタミンCは150mgが35mgに、

にんじんは60mgが40mgに、

キャベツは50mgが19mgに、

春菊は10mgが5mgに減っています。

鉄分ではもっと激しく減っています。

次の「2016年第7訂 食品成分表」ではほぼ同じか、さらに下がっています。

このことは、日本中で「構造水」の出来る仕組みが壊れてきていることを示唆しているのではないか、というのが私の持論です。

水は蒸発して雲になり、雨のなって降り、土に触れて含んでいるものを取り除き、

土の下の岩盤に触れてミネラル鉱物を溶け込ませ、伏流して川になり、滝で打たれ、

淵で圧縮され、そして「構造水」化します。

日本人が永い間行ってきた山の手入れと田畑の土つくりはレベルの高い「構造水」が出来る作業であったと言えるのではないかと思うのです。

それを1945年の敗戦以後、アメリカの命令で肥えを止めて硫安などの化学肥料を使い、農薬によって土を疲弊させて「構造水」が出来る仕組みを急速に壊してしまった。

その結果、水が壊れ、土が壊れ、野菜が壊れ、人の体も壊れてきているのではないか。

科学的な裏付けはなく、あくまで経験を元にした主観的な見解ではありますが、

「食品成分表」から見える昔と今の日本の変化は「構造水」のレベルの問題と関わりがあるように​見えるのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page