top of page

水物語その21 金魚を分解する水

更新日:2022年4月6日

オオカナダモが復活、

しかも大きな花実になって再生したことに

嬉しくなった私は

一匹200円の金魚を20匹 買ってきて

池に放ちました。

満開の白い花々と

カワイイ赤い金魚のコントラストが賑やかで

私はご機嫌でした。

ところが、地方への出張があり2週間程経って

朝起きて池を見たら、

オオカナダモは元気に咲いているのに、

金魚の姿が見えません。

藻の下を探っても一匹も見当たりません。

“金魚がいっぴきもいない???”

と呟きましたら、

洗濯物を干していた妻が

「猫が捕ったんじゃない?」と言います。

“なんでさ?!”

「猫がずーと居たよ」

“なん で追い払ってくれなかったんだ?”

「猫の番をしている閑なんかありませんよ」

“ううううう!”

私は、すぐに 大工センターに行って、

池を囲う金網を買って来て囲い、

新しい金魚を大小20匹を放しました。



オオカナダモの上に

茶色のものが積もっているのは、

前夜に降った雨の不純物を

水がコアギレーションしたからです。

この状態の時に

花はつぼんだ形で水の中にあります。

この水になってからは水のコアギレーション力は格段に速くなり、

この時も翌日にはすべて池の底に沈んで

緑の葉と花がきれいに揃いました。

ところが、

この金魚たちも2週間後には

全部消えてしまいました。

妻が「猫が金網の中に入っていたよ」と

言うので、

今度は池全体を覆うように金網を被せて、

金魚を20匹入れました。 そして、毎日観察していましたら、

3日目から横になって死ぬ金魚が現れ、

1週間後には全部死んでしまいました。

死んだ金魚を金網に入れて置いたら

9日間で綺麗に消えてしまいました。



“一体、これはどういうことなのか?” それを考えている時に閃いたのが、

内水博士と北海道の小清水町で取材中に見た

裏摩周湖の「神の子池」

アイヌ語で「ポンコロカムイ」の事でした。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page