水物語その17 コアギレーション

更新日:4月6日

水が出来上がる=すなわち構造水になると、生体にとって不要ないものは「析出」されます。

「析出」を詳しく見てみると

水に溶け込んでいる不要なもの、

毒物も含めた余分な有機物やミネラルが在ると、

水分子=H₂Oの水素分子ひとつが離れて

プラス電荷を持ったHイオンができます。

そして、残りのOHはマイナスイオンを持った

フリーラジカルと言うものになります。

Hイオンとフリーラジカルは、

反応性が非常に強く、

水に溶け込んでいる化合物や有機物を

分子にまでバラバラにします。

バラバラになった分子は、

再びプラスとマイナスのイオン結合をして、

比重が増えて沈みます。

沈んだ状態を静かにしておくと、

結合状態が進んで結晶体となり、

沈殿して再び水に溶けだすことがありません。

その結果として、

水はきれいなままに保たれます。

その現象全体をコアギレーションと言います。

瓢箪池に雨が降ると

必ずコアギレーションが起ります。

今現在も雨が降る度に確実に起きています。

中根先生の4種類のセラミックを

組み込んだ装置を池に沈めてからは、

驚かされることが次々に起りました。

まず、池水の表情が艶のある

とろりとしたものになり、

コアギレーションのスピードが早くなりました。

次に、金魚が丸々と太り、

使途と赤の色きわがくっきりとし、

尾びれの先が長くなり、

激しく泳ぎ回らないでゆったりとして、

むしろジッとしています。

夏には水草の中に卵を産んで、

孵化して育ちました。

人工エサは全く与えていませんので、

水コケだけを食べての結果です。


更に、冬に枯れたホテイ草を

そのまま入れておきましたら、

翌年、中から目が出て大きな葉が出て

巨大な花が咲きました。



最も驚いたのは、オオカナダモの開花です。

オオカナダモは渓流藻ですから、

本当にきれいな水の中でしか開花しません。

オオカナダモの花は真っ白で三弁と四弁、

一つの花の大きさが4~5㎜、

畳1畳ほどの池の中に満開時には240個が、正に咲き乱れます。

東京の都会の池の中で、毎年6月から11月まで咲き続けました。

あまり見事だったので、

地元・狛江市の環境課に伝えましたら、担当者が見に来ました。

そして、

「戦後すぐに市内を流れる野川(東京都狛江市内を流れる河川)で咲いたと言う記録があります。それ以来ですから、55年ぶりです」

と写真を撮って帰りました。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1年間の追加撮影を行ったあとは 膨大な映像素材を編集し、 ようやく番組を放送することができました。 番組のはじまりは 猛烈な吹雪の中、木の枝の上で クルミを食べるエゾリスからです。 スタジオには鈴木さんを呼びました。 冒頭のエゾリスの姿に、 「上手に割って食べるんですね」 と聞き手の見城さんは感心していましたが 「いや、こいつはまだ下手くそですね」 と鈴木さん。 長年追っているからこそわかる違いが

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って 撮影を進めていきました。 足繁く通ったかいがあり、 エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。 冬が終わると、次は6月。 弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。 鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。 まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。 まだどんぐりの実

鈴木泰司(やすし)さんは1987年に エゾリスの写真集を平凡社から出版しました。 副題には「森の妖精」とつけられたその写真集の表紙は、 エゾリスと鈴木さんの関係が1枚で伝わる 非常に素敵な表紙です。 表紙をめくった最初の見開きには 当時4才の鈴木さんの長男・草介(そうすけ)くんが エゾリスと間近で見つめ合っている写真が載っています。 四季折々の彼らを追ったその写真たちには 森への深い思いとエゾリス