top of page

水物語その155「土と水の自然学」の取材⑨~農業編~

今回は矢部養豚場の溜池のお話しです。

この溜池は尿を集めて処理する池で、全部で3つあります。

2番目の溜池は1番目の溜池より一段低くなっていて

池の端の溝からオーバフローで流れ込むしくみになっています。

2番目の池の液を汲み上げ、矢部さんが手で温度を確かめます。

  

<2番目の溜池>


<素手で温度を確かめる矢部さん>


 

内水先生も指を入れ「15度くらいですね」と確認してから

3番目の溜池へ移動します。

同じように温度を確認し

内水先生は「液発酵」について説明します。

 

「まともな水を飲んだ豚の体内が

自然のあるべきバクテリアバランスになり、

その糞と尿もそのバクテリアバランスを持って出てくる。

その尿を自然の理想の状態に溜めると、

液発酵が起きて温度が上がる、

有機物は分解され、一部はガス化し、

一部は分離して汚泥になる。

出来た液は生き物にも土壌にも有効な液肥になり、

自然に本来備わっている循環系が実現するのです。

矢部さん、これ農業と組むことを考えませんか」

「そうですね、これまでは臭くて、余計なものと思われていましたから」


<液発酵で液肥が出来る説明をする先生>


 

場面は変わり

今度は3番目の溜池の液肥を豚舎に撒き

豚たちの反応を見ます。

豚たちはギャーギャーと明るく鳴きながら液肥を舐めます。

 

<撒く液肥をなめる豚たち>


 

次に、3番目の池の底に溜まった泥を

乾燥させ土にしたものを豚舎に撒きます。

 

 

矢部さんは土を撒きながら、経過を語ります。

 

「実は、ある会社の薬を使ったんです。

そしたらウジが湧いてウジが湧いて、

何億匹のハエが口の中に飛び込んでくるんですよ。

それで、先生に相談したら、アレを撒いてみたらと言われて撒きました。

そしたらハエが逃げるんですね。餌にたかっていたハエも逃げる。

で、これは本物だわと、腐植でつくる水のことを確信しましたね。

これまで、何をしてやれば家畜が喜ぶかなんて、

一度も考えたことが ありませんでした。」

 

その言葉はおいしそうに水を飲む仔豚の映像に重なります。

 

 

<水を飲む仔豚の様子>


「土と水の自然学ー農業編」は

最後にスタッフテロップが出て終わります。

 

内容のほとんどが家畜の糞尿処理と

悪臭・ハエの話でしたが、

実際に現場で働く人々にとってこの映像は

今まで諦めるしかないと思っていたこと、

資金をかけなければできないと思われていたことが

できるようになると思わせるのです。

殻の固い良い卵ができること。

体細胞の少ない牛乳が採れること。

臭くない豚肉が出来ること。

そして、何より臭いで周辺住民に

迷惑を掛けないですむことができるのです。

実際に、このビデオで紹介した技術を元に

1995年に「BM技術協会」が発足して全国に広がり、

協会員以外にもこの技術を実践している畜産家が

いくつも誕生しています。

 

次からは「土と水の自然学 - 処理編 - 」の話になります。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page