top of page

水物語その145 沖縄の小学校での撮影準備

林先生から撮影許可が出たものの

沖縄の小学校で、という指定に

私たちスタッフは頭を抱えていました。


この授業を撮影・製作するため

私たちは「教育と映像を考える会」を

立ち上げていました。

メンバーはグループ現代社長小泉修吉、発案者の四宮鉄男、三木実、

そして惣川修の四人です。

先生のご自宅に伺った時、授業に参席した時、全て同じメンバーです。

撮影プランについては許可が出る前から話し合っていました。

『撮影は同時録音できるカメラが2台、

スナップを撮るためにもう1台で合計3台は必要だ。

それと録音セットが要る、』 

など撮影方法やそのための機材について

話せば話すほど、通常の記録映画撮影よりも

費用がかさむことがわかってきます。

注釈として書いておきますが

当時はまだフィルムやカセットテープの時代ですので

機材は全て今では考えらえないような値段です。

「できるかな?」と心配していたところへ、

林先生から沖縄での撮影という提案です。

聞いた瞬間”企画は潰れた!”と

3人は同じ思いで黙り込んでしまいました。

すると、なんと小泉社長が

「沖縄での授業の記録、撮りましょう!」と宣言したのです。

その声に林先生は本当にうれしそうな表情をされました。


しかし、林先生の表情とは裏腹に

私は不安と疑問で正直もやもやとしていました。

”沖縄ロケが出来るどんな勝算があるのだろうか?”

”なぜ、沖縄なのだろうか?”

先生と分かれて帰る地下鉄の中で

そんなことを考えていましたが

隣に立つ小泉社長に尋ねることはできませんでした。


電車の中で私は

生徒の感想文を思い出していました。

”林先生はもっと落語や講談を聞いた方がいいです”

と書いた東京中央区の小学5年生がいたこと。

”先生の声は優しいので僕の心に届くのである”

と書いたのが特殊学級の生徒だったこと。

そして沖縄を指定した時に

「沖縄には沖縄の人たちが守っている小学校教育があります」

と言われた林先生のこと。

これは現場を知ってるからこその言葉でした。


そのまま新宿御苑前にある

グループ現代の事務所戻り打ち合わせをしました。

すると小泉社長から

「製作費は去年作った鉄鋼連盟の”鉄と社会”と

プラ協の”ごみと社会”のプリント売り上げがある」と

明かされました。

”鉄と社会”は私がシナリオ、小泉社長が演出をした作品で

”ごみと社会”は水物語123で紹介した作品です。

プリントが相当数売れたことは知っていましたが、

それほどまでに売り上げがあったとは知りませんでした。


製作費の不安も消え

そのまま撮影・製作プランの打ち合わせを進めます。

まずは小泉社長が

プロデューサーとしてプランを語ります。


「内容が精神的なものだから、

フィルムはカラーではなく白黒で撮影するのが良いと思う。

カメラは先生を撮る1台と生徒を撮る3台の同時録音のカメラで撮り、

そのままプリントして、4台の同時映写機で4つの画面で映写する。

作品としてはこの4本マルチ映像をオリジナル作品とし、

1本に編集するのは四宮君にやってもらう。」


林先生の授業を記録するのに、

これ以上は無いと思える見事な提案でした。

私たち3人はすぐに賛同して、

まずは撮影準備に向けて動き出しました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page