水物語その14 硝酸態窒素

更新日:3月3日

さらに元の用水と

「構造水」にした水に含まれる成分を比べると、

塩分は8分の1以下に、

過剰なカルシウムとマグネシウムは5分の1に、鉄も亜鉛も減少していました。

そして、溶存酸素は10倍近く増えていました。

実際の成分分析表 ​※DOは溶存酸素



​結果は新聞でも取り上げられました


当然、収穫したイチゴの味も良く、

出荷量も多かったので、その生産者はその年の

最優秀賞・農林水産大臣賞を受賞しました。

実は、このテストには九州の某大学の農学部の

研究室と長崎の農業試験所が参加していました。

ところが、この結果とデータが出て

確認をする会議の際に

農学部の研究室長である教授の農学博士は

「そんなバカなことはない」と言って

帰ってしまわれました。

しかし、長崎の農業試験所の担当者は

非常に納得されて、

その後もこの技術を採用して、

新しいイチゴの品種開発に取り組まれて

成功されています。

2つ目は、1999年度に畜産環境関連三法が

施行されて、

全国の畜産農家が糞尿の処理を

適正に処理せねばならなくなった時のことです。

適正に処理するとは、

糞と尿を畑などに撒いても害のない堆肥や液肥にしなければならないということです。

逆に言えば、それまで「適正に処理」するということが明確に決まっておらず、

畜産家が各々で処理している状況でした。

そうした状況下では、実際に水道原水や井戸水に含まれる硝酸態窒素の割合が年々増えてきて、

国民全体の健康障害も広がっていました。

硝酸態窒素による人体への障害は、

メトヘモグロビン血症、

つまり赤血球中のヘモグロビンが硝酸態窒素と

結合して酸素運搬機能を低下させることにより

酸素欠乏障害を全身に引き起こし

乳幼児では死亡する危険さえある、

万病の元とも言えるものです。

では、「構造水」で硝酸態窒素を減少させることはできるのか?

実はそれまでに装置を設置した畜産農家で飲み水でも尿処理でも硝酸態窒素が抑制される事象は確認されていました。

その正式なデータを取るために、神奈川県産業技術総合研究所での実証実験の申請をし許可されたため、夏から実験をはじめたのです。

ところが、いろいろやってみましたが、

何故か研究所内の実験では硝酸態窒素が減らないのです。

疑問を感じた私は、実験期間の終わりに同じ実験を同研究所の庭をお借りして実験をさせていただきました。

すると、なんと見事に減少したのです。

どうしてだろう? 何が違うのだろうか?

提出する報告書を纏めながら、

私が考えたのは次のような計画でした。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1年間の追加撮影を行ったあとは 膨大な映像素材を編集し、 ようやく番組を放送することができました。 番組のはじまりは 猛烈な吹雪の中、木の枝の上で クルミを食べるエゾリスからです。 スタジオには鈴木さんを呼びました。 冒頭のエゾリスの姿に、 「上手に割って食べるんですね」 と聞き手の見城さんは感心していましたが 「いや、こいつはまだ下手くそですね」 と鈴木さん。 長年追っているからこそわかる違いが

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って 撮影を進めていきました。 足繁く通ったかいがあり、 エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。 冬が終わると、次は6月。 弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。 鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。 まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。 まだどんぐりの実

鈴木泰司(やすし)さんは1987年に エゾリスの写真集を平凡社から出版しました。 副題には「森の妖精」とつけられたその写真集の表紙は、 エゾリスと鈴木さんの関係が1枚で伝わる 非常に素敵な表紙です。 表紙をめくった最初の見開きには 当時4才の鈴木さんの長男・草介(そうすけ)くんが エゾリスと間近で見つめ合っている写真が載っています。 四季折々の彼らを追ったその写真たちには 森への深い思いとエゾリス