top of page

水物語その137 溜池の水質改善実験レポート②

更新日:2023年8月21日

引き続き、いま進めている水事業のお話しをします。

溜池にリアクターを設置して2週間。

なんと、コンクリートの壁にべったりと張り付いていた

アオコが自然と剥がれはじめていました。

使い古したスポンジのような黄色に混じる藻の緑はまるで青のりのようでした。

手に取って匂いを嗅いでみると

磯のような香りがしました。

ところで、アオコは水にどのような影響を与えているでしょうか。

まず、アオコとは「ミクロキスティス」という

植物プランクトンのことを指します。

ミクロキスティスの他にも種類があり

これらはいずれもラン藻と呼ばれる種類で

細菌に近い原始的な生物です。

アオコが増えるとカビ臭・のような

なんともいえない匂いがするようになります。

またラン藻の一部から毒素を出すようになり

その水を飲んだ動物や人間が最悪死に至るケースがあります。

そして、アオコが大量発生しているときの水は

富栄養化(ふえいようか)が進んでいる状態です。

富栄養化とは植物プランクトンの栄養となる

窒素やリンが増えすぎていることをいいます。

栄養が多いことはいいように思えますが、

自然は一定のバランスが保たれることが非常に重要です。

植物プランクトンにとっては良い環境が

別の植物や生物に適していないこともあります。

またその栄養が分解されきれないことで

池底にはヘドロに近い泥が溜まっていくのです。

リアクター設置前、

溜池の底を棒ですくってみると悪臭はないものの

ゆるいねばりのある泥が棒の先にくっついてきました。


アオコが剥がれだすなど、

目に見えてわかる変化は設置から約2週間かかりましたが

数値でみるとなんと3日目で既に変化が出ていたのです。

以前の水物語でも紹介した酸化還元電位(ORP値)で実験をしました。


[実験方法]

1.採水した水をビンにいれ、ORP値(酸化 還元電位)を計測。

2.ビンの中へサビ釘を入れ、かき回しORP値を計測。


設置前の水は

サビ釘を入れる前が234mV(ミリボルト)

投入後は269mVと原水より上昇してしまいました。

これは水に酸化還元力がなく腐敗系の水になっていることを示しており

アオコの発生条件ともなります。


設置後3日目の水ですが

サビ釘を入れる前は233mVと設置前とほぼ同じ数値です。

しかし、サビ釘を投入後なんと

117mVまで低下したのです。

これは還元力のある水、

酸化されたものを元の状態に戻す力のある水に

変化していることを示しています。

この数値が安定化するとアオコは生息できなくなり

死滅または胞子化していきます。

数値は日を追うごとにどんどん下がっていき

なんと設置から4ヶ月後の3月末にはサビ釘投入後に50mVまで下がったのです。


現在、溜池にはリアクターを2台設置しています。-

アオコは完全に分解され、池の底の泥もサラサラの土になりました。

当初は「いるらしい」と言われていた金魚も

姿を見せるようになり気付けは100匹以上に増え

体長10cmもなかったはずが「主(ぬし)」と呼ばれるほど

優雅に尾ヒレを揺らし泳いでいます。


この溜池の水をどうするかは現在進行中です。

皆さんに嬉しいご報告できるよう

引き続き観察を続けます。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page