top of page

水物語その136 溜池の水質改善実験レポート①

更新日:2023年8月21日

前回までの135回、

みなさんには惣川会長が水事業に至るまでのお話しを

聞いていただきました。

今回は会長に代わって惣川佳が

いままさに起きている水事業の報告をいたします。

水に関する経験は会長の足元にも及びませんが

ぜひ気軽にお聞きいただければと思います。


まず、いま進めている水事業の内容を簡単に説明すると

2021年の秋から奈良県の奥地で

溜池の水質変化実験を行っています。

周囲は隆々とした山々に囲われており、

車で曲がりくねった道を車で登って登ってようやく辿り着く

非常に自然豊かなところです。

上まで行くとある会社の野菜や

果物の加工工場エリアとなっていて

その隣に実験中の溜池があります。

コンクリートで作られたその池は大きさ4m×5m。

中は十字の壁が区切られ4分割にされています。

深さは約1m70cmほどで、

沈んだ緑色をした池の底は全く見えません。

棒で底をすくってみると、ヘドロに近いものが取れました。

元の環境がいいこともあり悪臭はありませんが、

また水をすくってみると硬さを感じ

触ったその手は少し時間を

おくとカサついてきました。

そして池の壁全面にはべったりと

まるでスポンジのようなアオコが張り付いています。

実はこの溜池、以前の水物語でもご紹介した

奈良県で梅や柿、有機野菜の卸しと販売を行なっている

会社の土地なのです。

この土地をゆくゆくは観光誘致やイベントのできるエリアに

させるため池の水を使えるようにできないか、

というお話しがきっかけで今回の実験に至りました。

早速、水つくりリアクターを

4分割されている内の1つに設置しました。

池の十字壁の底部分には穴が空いていて中で繋がっているそうです。

「見えないけれど金魚もいる。」とのことで

水が変わって釣り堀もできたら、など楽しい計画を話しながら

実験がスタートしました。

設置から2週間。

さっそく変化が出たのですが、そのお話はまた次回にとします。


【深い緑色の水面】


【池全体】

  

【濁りがと壁面についたアオコ】




0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page