top of page

水物語その134 なぜ「ごみ問題」なのか

これからごみ焼却炉のしくみと

公害防止の技術についてお話をしていきます。


「なぜ水の話ではなくごみの話を知る必要があるのか」

と思われている方もいるかもしれません。

お話しを進める前に少しだけ

私のごみ問題に対する考え方を記しておきたいと思います。


まず、みなさんご存知の通り

人は生きている間、必ずごみを出します。

「食品」「水」「家具」「生活用品」といった

生活必需品を購入すると必ず容器に入っていたり

こぼれないように包装がされています。

それは我々の生活を快適にしてくれると同時に

安全であるためにも欠かせないものなので

ごみが必然的に発生します。


人間の体でいえば

口から入ったものは胃腸と肺に達し

体に必要なものは取り込まれて

残ったものは排泄物として処理されます。


人は社会から

水、食べ物、電気、熱エネルギーといった

インフラの供給をされて暮らしており

日々、ごみと排泄物を出しています。

私は、その全ての在り様を理解しなければ

「人として真っ当に生きているとは言えないのではないか」

と、私は何時の頃からか、

考え、思い、信じて生きていました。


その中のテーマの一つが「ごみ問題」だったのです。

自分が人として生きるための

“勉強したレポート”を

私は映像にして作っていました。


もちろん、「勉強レポート」のテーマは

ごみ問題だけではありません。


「水」にたどり着くまでの「まわり道」は、

この後もまだまだ続きます。


沖縄那覇市にある久茂地小学校で撮影した

林竹二先生の「人間について」の授業。

同じ郷土での「田中正三の最後の戦い」の講演記録。

TBSの「そこが知りたい」という番組で制作した

「東京の巨樹大樹」が

のちにアニメ―ションドラマ「なっちゃんのケヤキ」として

全国の図書館に置かれることになったこと。

そして最後に

内水護先生と水の現場をドキュメントした「水と土の自然学」のこと。


今行っている「水」の本質に辿り着くまで

あらゆる勉強をさせてもらいました。

しかし、このレポートはあまりにも長いので

時々、水つくりの現場報告や

皆さんからの感想レポートを挟ませていただきます。


さて本題に戻って

日本で発展した最新式の「ごみ焼却技術」についてです。

まずは、焼却炉の構造を知ってもらいますが

映像なら構造図を示せば一目瞭然ですが、

言葉だけでどのように伝えられるか

次回のお楽しみです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page