top of page

水物語その133 日本のごみ焼却技術

更新日:2023年8月21日

前回までは、プラスチック廃棄物は

「再生加工品」へと生まれ変わり

タコ壺や巨大な漁礁、公園の遊具となって

社会の様々なところで活用されていました。


これらの原料となるプラスチック廃棄物は

加工くずや流通で使われたコンテナや容器や袋など

産業からでてきたものでした。


今回からは「日本のごみ焼却技術」についてお話していきます。

先ほども書いたように、

「プラスチック廃棄物は再生加工品となっているので焼却されていないのでは?」

と思った方もいるかもしれません。


プラスチック廃棄物は2種類に分けられており

家庭から出るビニール袋や包装プラスチックは

そのような再生加工品の原料とはならず

その他のごみと一緒に焼却処理されています。


プラスチックが自然には存在しない物質であることは

電子顕微鏡写真でも紹介しました。

写真でもわかるようにプラスチックの分子密度は高いので

焼却処理を行うと従来のごみよりもはるかに高い温度が発生し

有害なガスも出てしまいます。

この課題をクリアするためには焼却技術が必要であり、

プラスチックごみ問題解決へと繋がるのです。

日本のごみ焼却技術レベルは世界的にも高く、

日々ごみを出す我々消費者の暮らしも守ってくれています。


1985年の時点で、一般ごみの焼却技術は

完成したと言えるレベルに到達していました。

その技術と装置の実際を紹介したのが

「日本のごみ焼却技術 -21世紀に向かって-」です。


プラスチックごみが問題になった1970年からの15年間に、

国内のごみ焼却炉メーカーの技術は大きく進化していました。

映画では当時完成したばかりの

焼却炉内部を詳しく紹介しています。

映像だと実物を見てもらえるので解りやすいのですが

また写真を載せて紹介していきます。


まず、みなさんも知っているように

家庭から出る可燃ごみは専用のポリ袋に入れて出され

ごみ収集車によって回収されます。

回収されたごみは焼却場のピット、

ごみを受け入れる大きなプールへと運び込まれます。


ごみピットに集まったごみは

まず、大きなクレーンでつかんでは混ぜるという作業が行われます。


この作業は焼却場に集められるごみの中身は均一ではないので

内容物によって燃えやすさに違いが出てしまい

炉の運転に支障をきたすために行います。

混ぜ合わせたあとは、焼却炉入口のホッパーへ投入していくのですが

これらのクレーン操作は実はなかなか難しく

ベテランの作業員の担当となっています。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page