top of page

水物語その131 様々なプラスチック再生加工品

プラスチック再生加工品は

その大きさにとらわれず、肌触りの調整も自在にできるという

特徴から様々な場面で使われています。

前回までに紹介した以外でも

形を変えて私たちの生活を支えています。


まず、海辺ではタコ壺のほかにも

魚たちの住まいになる漁礁にプラスチック再生加工品が使われています。

日本列島は四方を海に囲まれており、

魚食文化が浸透しています。

日々、食卓にはさまざまな魚が並び、

水産物の安定的な供給は欠かせません。

そのために行われているのが漁場整備です。

魚たちが育ちやすい海の環境をつくるために行われています。

プラスチックと砂を混ぜて作られた漁礁は

約1mの枠をプラスチックの柱で繋いだもので、

まるで巨大なジャングルジムのような形をした

組み立て型のものです。


(プラスチック再生加工品でつくられた漁礁)


(漁礁をクレーンで吊す様子)


海岸側の陸上で組み立ててから

大きなクレーン船で吊り下げて

魚たちが住みつきやすい地形まで運びます。


(遠州灘へ沈められる様子)


撮影したのは遠州灘に沈められる漁礁の様子ですが

1972年に開発され、1981年の時点では

北海道から沖縄までの海に100箇所以上に沈められ、

いまも日本の魚食文化を支えています。


次に、子どもたちが遊ぶ公園や遊園地に設置されている遊具にも

プラスチック再生加工品は使われています。

滑り台やブランコやジャングルジムなど

子どもたちにも人気の遊具は

プラスチック廃棄物に自然の木の粉を混ぜて作られています。



子どもたちの肌は繊細です。

木で作った遊具ではトゲが刺さったり、

雨にぬれると滑る危険があり遊べなくなります。

コンクリートや鋼鉄製の遊具は、冬の寒い時は冷たくて握れません。

しかし、プラスチック再生加工品の遊具は

雨に濡れてもすぐ乾きますし、何より肌触りが滑らかで

鋼鉄製のように冷たくならないので子どもたちも安心して遊べます。

1981年の時点では全国100箇所以上に設置され

徐々に広まっている段階でしたが、

現在ではほとんどの公園や遊園地で使われています。



そして、大人の遊び場として人気のゴルフ場でも

その特徴が生かされています。

ゴルフをするときにはゴルフシューズを履きますが、

撮影当時はシューズの裏に滑り止めとして金属製のスパイクが付いていました。

この尖ったスパイクはグリーンを痛めてしまう原因となり

整備のために多大な経費がかかっていました。

その解決策として、コースの外にプラスチック再生加工でできたマットが敷かれたのです。

他にも、鉄道の駅の表示板は常に雨風に晒されており

木製ではすぐ腐ってしまったり、ペンキが剥がれてしまい

肝心の駅名が見えなくなってしまうことがありました。

これをプラスチック再生加工品に変えると

雨風に強く長持ちすると同時に

見やすくするために板を白くしなければならない

という課題もプラスチックに白い石の粉を混ぜることで

解決しました。



以上で紹介したように

1981年の時点で

プラスチック廃棄物は社会に役立つ製品に生まれ変わって


身近なところで目にすることが出来るようになっていたのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その164「土と水の自然学」の取材⑰~理論編~

内水先生は「理想的な沼の底質」と表現されますが、 ここでは分かりやすく、理想的な条件が揃った中で、 永い時間を掛けて出来た「沼の土」、もしくは「最高の土壌」と呼ぶことにします。 前回は、その「最高の土壌」が出来る自然の条件と 出来上がった「最高の土壌」が最悪レベルに汚れた水を たちまちに綺麗にする実験の話をしました。 今回は、その「最高の土壌」ができるしくみを 理論的に解読する話です。 白板を背に

水物語その163「土と水の自然学」の取材⑯~理論編~

今回から理論編に入ります。 理論編もノーナレーションで作られています。 畜産編と処理編の現場事実を観ながら、 いろんな疑問が浮かび、更に詳しい説明を求める人に、 内水先生が突っ込んだ説明を様々なシチュエーションで行ったものです。 ここではそれを映像なしで紹介するのですから、 途方もなく難しい作業ですが、是非理解して欲しい内容です。 「土と水の自然学 - 理論編」のタイトルが消えると、 九州のある低

水物語その162「土と水の自然学」の取材⑮~処理編~

処理編の最後は、多くの住人が住むマンションの生活排水処理に関してです。 マンションの全景が画面に表示されます。 「兵庫県明石市 土山駅前スカイハイツ」 地上14階 戸数647 画面が切り替わり、処理施設の入口には、 現場担当者を挟んで内水先生とインタビューアーの長崎浩さんが立っています。 長崎さんが早速インタビューを始めます。 「このマンションは建ってから何年になるのですか?」 「約10年になりま

Comments


bottom of page