top of page

水物語その130 プラスチック廃棄物製暗渠パイプ

北海道には広大な湿地帯がいくつもありますが、

その湿地帯を牧草などつくる耕作地にする取り組みは

今も続いています。

湿地帯を耕作地にするために、

まずは土の水を抜かなければなりせん。

作業は、重機で長い溝を掘るところから始まります。

深さは約1m、長さは100m近くもありこれを10m間隔で

何本も掘っていきます。


(作業の様子)

(何本も掘られている様子)

掘った後は、溝の底に萱(かや)を敷き、小さい穴の空いたパイプを埋め

1年かけてあらかたの水を抜いていきます。

2年目の春に、表土を掘り返して乾燥させて土をつくり

3年目にようやく耕作地として種を蒔き収穫ができるようになり

酪農が盛んな地域ですので、牛のエサとなる牧草地へと姿を変えます。


この土地開拓事業の水抜き作業ですが、以前は、土管が使われていました。

しかし、土管は太く、重さがあるため長いものが作れませんでした。

短く重たい、さらには割れやすい土管を繋いでいく作業はとにかく時間がかかりました。


暗渠の長さは約100m。それを10m間隔で何十本も埋める作業は

従来の土管では終わるまでに2〜3年もかかっていました。

しかし、プラスチック再生加工によって作られた

暗渠パイプは軽くて割れない上に長さも出せるため

作業効率が格段に上がり、なんと作業も1シーズンで終了するのです。


(従来の土管)


(暗渠パイプ製造の様子)


(プラスチック再生加工によって作られた暗渠パイプ)


(暗渠パイプの設置作業)


(開拓現場にて水抜きの様子)


(3年目に収穫された牧草)


プラスチック再生加工品のメリットを活かした現場は全国にあります

日本は全国のあちこちに山があり、

山の傾斜のすぐ横に住宅や道路が作られていますが

その山肌の崩れを防いでいるのは

法面保護枠(のりめんほごわく)です。

この保護枠にもプラスチック再生加工品が役立っているのです。


(パーツ。組み立て式なので軽量で設置も簡単)


(組み立てた完成形)


(排水の様子)


法面の保護で最も大切なのが大雨の時の排水機能です。

プラスチック再生加工の保護枠は

溝の形をした1mの部材を十字型の連結部に繋いで

法面全体を網の目の形に張り巡らせます。


広い法面(のりめん)を一体で粘り強く支えることが出来るのです。

プラスチック再生品の軽さと強さ、

そして何よりも作業性の良さがここでも発揮されており、

国土交通省の標準機材にも指定されています。


(施工の様子)


(完成した実例)


全国の法面保護事業は1年間に100万平方メートル。

1981年の撮影時点で20万平方メートルの法面に

プラスチック再生加工枠が使用されていました。


(実例現場)


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page