水物語その13 イチゴ塩害の解消

「構造水」と構造が乱れた水の分子構造をイメージ図にすると下図のようになると考えられます。


「構造水」は水分子H₂O(2つの水素と酸素)が網の目状にきれいに並んでいると考えられます。 自然のきれいな環境の飲める水は恐らくこういう整った分子構造をしているはずなのです。

生体に良い水をこれからは「構造水」と呼ぶことにしたいと思います。

宇宙の法則エントロピーが

優勢に作用しているところでは、

水は「構造水」になれませんから、

「構造水」が出来ることは、

生命惑星―ガイアの生命体内作用が

優勢に働いていると考えてよいのです。

良い土に触れると「構造水」が出来ることは、

これまでの事実で確認出来ていますが、

どういう仕組みで出来るのかは解っていません。 中根博士から提供された4つのセラミックで

「構造水」が出来ることも確かですが、

どういう仕組みで出来るのかも解りません。

しかし、「構造水」が作れるのですから、

その効果と作用を実際に確かめながら、

ひとつひとつ解明していくしかありません。

「水工学事業協同組合」には、

いろいろな仕事が持ち込まれました。

その中から、「構造水」に関わる

2つの事例をお話しします。

1つは、1998年に取り組んだ構造水によって、イチゴ栽培の塩害が無くなった例です。

九州佐賀県の有明海沿岸のハウスイチゴ栽培で、用水に塩分があって、

イチゴに塩害が発生していました。 用水は、地下170mの井戸水と雨水と灌漑用水で出来ていました。

7tのホーロータンク(酒造廃物)2基の

第1槽にはリアクターを設置して

エアーレーションします。

第2槽のタンクはエアーレーションをしないで

不純物を沈降させるだけで、

第2槽の上澄水をイチゴにやったのです。

すると何と、2週間で塩害が消え、

新しい葉が立ち上がりました。

下は塩害の写真と

2週間後の同じ場所の写真です。



塩害を受けているイチゴ。

葉が茶色く色づいている。



​2週間後の同じ場所のイチゴ。 ​茶色く色づいていた葉に緑が戻っている。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1年間の追加撮影を行ったあとは 膨大な映像素材を編集し、 ようやく番組を放送することができました。 番組のはじまりは 猛烈な吹雪の中、木の枝の上で クルミを食べるエゾリスからです。 スタジオには鈴木さんを呼びました。 冒頭のエゾリスの姿に、 「上手に割って食べるんですね」 と聞き手の見城さんは感心していましたが 「いや、こいつはまだ下手くそですね」 と鈴木さん。 長年追っているからこそわかる違いが

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って 撮影を進めていきました。 足繁く通ったかいがあり、 エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。 冬が終わると、次は6月。 弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。 鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。 まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。 まだどんぐりの実

鈴木泰司(やすし)さんは1987年に エゾリスの写真集を平凡社から出版しました。 副題には「森の妖精」とつけられたその写真集の表紙は、 エゾリスと鈴木さんの関係が1枚で伝わる 非常に素敵な表紙です。 表紙をめくった最初の見開きには 当時4才の鈴木さんの長男・草介(そうすけ)くんが エゾリスと間近で見つめ合っている写真が載っています。 四季折々の彼らを追ったその写真たちには 森への深い思いとエゾリス