top of page

水物語その124 日本清掃史の功労者

次回作に向けて、プラ協の広報委員会の会議が開かれました。

その会議の中で

「映画を見て、人々はごみについての意識・関心が高まっている。

次は、自分の暮らす地域のごみについて考えてもらいたい」

ということになり、そのために必要な情報はなにか、について話し合いました。


メンバーである広報担当の伊佐治さんは、国内でごみ処理を先進的に取り組んでいる自治体をすでに調べてまとめてくれていました。

出された資料からいくつか候補地が選ばれ、まずは私がシナリオハンチングを兼ねて現地調査を行ってレポートを作成しました。

そして再度会議を開き、協会内で検討を重ねて最終的に選ばれたのが6つの自治体です。

北は北海道札幌市と岩手県の遠野、関東圏は、神奈川県川崎市と群馬県伊勢崎市、西は大阪府大阪市と福岡県北九州市です。


実は映画の撮影中に出会った自治体のみなさんは、その後の日本のごみ処理技術の進展に大きく貢献されました。

映像も資料も残っていないのですが、ぜひみなさんに知っていただきたいと思いますので

ここでご紹介します。


まず、川崎市で助役にまでなった清掃局長の工藤さんです。

この方は、清掃局長時代にごみ収集パッカー車の設計開発に携わった方でした。

今では一般的なあの収集車ですが、それまではごみを頭の上まで持ち上げてトラックに積んでいました。

作業員の負担をもっと楽にできないかと考え設計されたのが、今のパッカー車です。

設計内容で特許を取得し、なんとその特許を無料で一般公開することで全国に普及しました。

「腰までの高さで出来るようにするのが願いだった」と、

映画撮影時のインタビューで語られていました。

現場の声が伝わって、ごみ収集車が進化した歴史があったのです。


次に、札幌の及川清掃局長です。

及川さんは清掃畑一筋の方で、先に紹介した川崎市の工藤さんが開発されたごみ収集パッカー車をいち早く取り上げ、導入されました。

一方、寒冷地の汚水処理に関してのエキスパートとして、昭和31年、1956年の第一次南極探検隊に同行して南極昭和基地のトイレ建設と処理システムを造った方でもありました。


そして、最後に大阪市のごみ焼却場工場長をされていた清水利宣(としのぶ)さんです。

清水さんはごみ焼却炉に関することなら特別に詳しく、工場全体の音を聞けばどこで問題が起きたのかわかるのだそうです。

そんな清水さんは、焼却炉製造の大手企業に呼ばれ新たな製品開発に大きく携わることとなります。

そして部品の材質や構造について細かくアドバイスをし、日本のごみ焼却技術の発展に大きく貢献されました。


以上のことは、私がインタビューして分かったことです。

お三方の実績は、私の知る限り、現在どこにもその記録を見つけることはできませんでしたが、

日本の清掃の歴史、ひいては日本の戦後文明発展の歴史にその名が刻まれるべき功績であったと思っています。


更に、ごみの焼却エネルギーを有効利用することにおいても、他の地域に先駆けて実現されていたことで大きな実績がありました。


次回は、そのことについてご紹介します。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その164「土と水の自然学」の取材⑰~理論編~

内水先生は「理想的な沼の底質」と表現されますが、 ここでは分かりやすく、理想的な条件が揃った中で、 永い時間を掛けて出来た「沼の土」、もしくは「最高の土壌」と呼ぶことにします。 前回は、その「最高の土壌」が出来る自然の条件と 出来上がった「最高の土壌」が最悪レベルに汚れた水を たちまちに綺麗にする実験の話をしました。 今回は、その「最高の土壌」ができるしくみを 理論的に解読する話です。 白板を背に

水物語その163「土と水の自然学」の取材⑯~理論編~

今回から理論編に入ります。 理論編もノーナレーションで作られています。 畜産編と処理編の現場事実を観ながら、 いろんな疑問が浮かび、更に詳しい説明を求める人に、 内水先生が突っ込んだ説明を様々なシチュエーションで行ったものです。 ここではそれを映像なしで紹介するのですから、 途方もなく難しい作業ですが、是非理解して欲しい内容です。 「土と水の自然学 - 理論編」のタイトルが消えると、 九州のある低

水物語その162「土と水の自然学」の取材⑮~処理編~

処理編の最後は、多くの住人が住むマンションの生活排水処理に関してです。 マンションの全景が画面に表示されます。 「兵庫県明石市 土山駅前スカイハイツ」 地上14階 戸数647 画面が切り替わり、処理施設の入口には、 現場担当者を挟んで内水先生とインタビューアーの長崎浩さんが立っています。 長崎さんが早速インタビューを始めます。 「このマンションは建ってから何年になるのですか?」 「約10年になりま

Commentaires


bottom of page