top of page

水物語その123 映画「ごみと社会」の制作

ヨーロッパとアメリカの映像を観た意見交換のため、改めて委員会が開かれました。

当時は「プラスチックは環境や人間にとって悪である」という風潮が蔓延していましたので、

それをなくしてプラスチックに対する正しい知識を持ってもらうために委員は全員が真剣でした。


プラスチックから始まったごみ問題ではありましたが、ごみは世界共通の社会の問題でした。

「ごみ」の在り方は各国のもつ歴史や文化、そして現在の暮らしを如実に象徴しています。

どんな人々が住んでいるのか、どのような地域を作ろうとしているのか、その国の全ての在り様が透けて見えてくるのです。


映画の狙いもそこにありました。


「プラスチックが無くなればごみ問題はなくなる」

と言われるほどに広がったヒステリックな風潮を鎮め、誰も逃れることのできないテーマであるごみ問題を地域社会つくりの素材として考えてもらおうと、映画の狙いを定めて作りました。


出来上がった映画は総論編として「ごみと社会ー世界のごみ処理システム」、

歴史や生活習慣との関係を詳しく紹介した「ヨーロッパごみ資源化システム」、

アメリカでの取組みを紹介した「ごみに挑むアメリカ」、

以上の3本に分けたビデオ作品となりました。


プラ協で広報担当だった伊佐治さんが、早速映画の資料を作成し新聞各社に送りました。

伊佐治さんはIPR(インターナショナル・パブリック・リレーション)という会社から

出向しており、以前は新日本製鐵の社内報を作成していたので大手新聞社との人脈があったのです。

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の文化担当記者にまずは映画を見てもらい、

その後でプラ協の狙いやごみ問題の深さを説明し、ビデオは無料で貸出すことを伝えました。

その結果、各新聞の文化欄に写真入りの大きなスペースで紹介されました。

これを見た日本中の自治体や住民運動の団体から貸出し申込みが殺到し、

最終的には170本のコピーをつくり、映画は3本含めて2年間で合計2000回以上も貸出されたのです。


ドキュメンタリー映画としては異例の数字でした。


ごみ問題にどう向き合い、どのように取り組んでいくべきか、悩み考えている人々が多い証拠でした。


プラ協の広報委員会は反響の大きさに盛り上がり、人々の社会問題意識を高めるチャンスだと次の映画を作る企画に取り組みました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その164「土と水の自然学」の取材⑰~理論編~

内水先生は「理想的な沼の底質」と表現されますが、 ここでは分かりやすく、理想的な条件が揃った中で、 永い時間を掛けて出来た「沼の土」、もしくは「最高の土壌」と呼ぶことにします。 前回は、その「最高の土壌」が出来る自然の条件と 出来上がった「最高の土壌」が最悪レベルに汚れた水を たちまちに綺麗にする実験の話をしました。 今回は、その「最高の土壌」ができるしくみを 理論的に解読する話です。 白板を背に

水物語その163「土と水の自然学」の取材⑯~理論編~

今回から理論編に入ります。 理論編もノーナレーションで作られています。 畜産編と処理編の現場事実を観ながら、 いろんな疑問が浮かび、更に詳しい説明を求める人に、 内水先生が突っ込んだ説明を様々なシチュエーションで行ったものです。 ここではそれを映像なしで紹介するのですから、 途方もなく難しい作業ですが、是非理解して欲しい内容です。 「土と水の自然学 - 理論編」のタイトルが消えると、 九州のある低

水物語その162「土と水の自然学」の取材⑮~処理編~

処理編の最後は、多くの住人が住むマンションの生活排水処理に関してです。 マンションの全景が画面に表示されます。 「兵庫県明石市 土山駅前スカイハイツ」 地上14階 戸数647 画面が切り替わり、処理施設の入口には、 現場担当者を挟んで内水先生とインタビューアーの長崎浩さんが立っています。 長崎さんが早速インタビューを始めます。 「このマンションは建ってから何年になるのですか?」 「約10年になりま

Comments


bottom of page