top of page

水物語その123 映画「ごみと社会」の制作

ヨーロッパとアメリカの映像を観た意見交換のため、改めて委員会が開かれました。

当時は「プラスチックは環境や人間にとって悪である」という風潮が蔓延していましたので、

それをなくしてプラスチックに対する正しい知識を持ってもらうために委員は全員が真剣でした。


プラスチックから始まったごみ問題ではありましたが、ごみは世界共通の社会の問題でした。

「ごみ」の在り方は各国のもつ歴史や文化、そして現在の暮らしを如実に象徴しています。

どんな人々が住んでいるのか、どのような地域を作ろうとしているのか、その国の全ての在り様が透けて見えてくるのです。


映画の狙いもそこにありました。


「プラスチックが無くなればごみ問題はなくなる」

と言われるほどに広がったヒステリックな風潮を鎮め、誰も逃れることのできないテーマであるごみ問題を地域社会つくりの素材として考えてもらおうと、映画の狙いを定めて作りました。


出来上がった映画は総論編として「ごみと社会ー世界のごみ処理システム」、

歴史や生活習慣との関係を詳しく紹介した「ヨーロッパごみ資源化システム」、

アメリカでの取組みを紹介した「ごみに挑むアメリカ」、

以上の3本に分けたビデオ作品となりました。


プラ協で広報担当だった伊佐治さんが、早速映画の資料を作成し新聞各社に送りました。

伊佐治さんはIPR(インターナショナル・パブリック・リレーション)という会社から

出向しており、以前は新日本製鐵の社内報を作成していたので大手新聞社との人脈があったのです。

朝日新聞、毎日新聞、読売新聞の文化担当記者にまずは映画を見てもらい、

その後でプラ協の狙いやごみ問題の深さを説明し、ビデオは無料で貸出すことを伝えました。

その結果、各新聞の文化欄に写真入りの大きなスペースで紹介されました。

これを見た日本中の自治体や住民運動の団体から貸出し申込みが殺到し、

最終的には170本のコピーをつくり、映画は3本含めて2年間で合計2000回以上も貸出されたのです。


ドキュメンタリー映画としては異例の数字でした。


ごみ問題にどう向き合い、どのように取り組んでいくべきか、悩み考えている人々が多い証拠でした。


プラ協の広報委員会は反響の大きさに盛り上がり、人々の社会問題意識を高めるチャンスだと次の映画を作る企画に取り組みました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page