top of page

水物語その12 構造水

四つ目に、水の溶解力には限界がありますが、

ガイアはそれをコントロールしています。

水に砂糖を溶かしても、塩を溶かしても、

ある程度以上は溶け込めません。

他のものを溶かしても

同じように限界があります。

これを溶融限界と言いますが、

海の海水の塩分濃度は

溶融限界27%より低い3.5%です。

塩分はいろんなところから溶け込みますから

もっと濃くても良いのですが、

地球の海の塩分濃度は3.1~3.8%の間です。 これ以上濃くなると

海の生き物は生きていられません。

どうしてこの濃度で

コントロールされているのか?

正にここにガイアの働きがあると考えられます。

ガイアは1 つの生命体ですから、

自己の体をホメオスタシス=一定保持します。

人体の膵臓や肝臓のように、

海はガイアにとって1 つの器官、

海水はその機能です。

海水の中で生きものが生きられる機能を

果たすために

塩分濃度を±3,5%に保っているのです。

どういう仕組みでそれを行っているのかを

人類はまだ解明できていません。

陸上の水=淡水の溶解力も、

陸上の生物が生きられる水が出来るように

ガイアはコントロールしていると思われます。

そのやり方の一つが、

内水博士が読み解いた土壌との組み合わせで、

生きものに良い水が出来るしくみだと言えます。

水物語 その8で、

「良い水」の判定を共鳴磁場測定で行う方法を

解説しましたが、

生活レベルでは冷蔵庫で透明な固い氷が出来、

溶けた後の水が美味しくなっている水は、

間違いなく良い水です。

自然の中でも冬にそういう氷が作られています。

そんな氷の結晶を顕微鏡で見ると、

良い水の結晶は六角形をしていますが、

良くない水の結晶は ぐじゃぐじゃで崩れやすいです。


六角形の結晶









形が崩れた氷の結晶








分子生物学の方では、

水と細胞との関係が解明されています。 総ての細胞の周りを水分子が一列で

くまなく取り囲んでおり、

しかもそれが三重になっていると

考えられています。 その想定図は下の通りです。






細胞の周りにきれいに並んだ水のことを

「構造水」と言います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page