top of page

水物語その117 アメリカのごみ処理事情④

翌日。


午前9時に、ポッタさんの手配通り、市の清掃局長であるエドワード・モーア氏と、

プラント責任者であるロナルド・ディストラー氏のインタビュー撮影がスタートしました。

モーア局長からはEPAの推奨により熱分解炉を導入した理由と経緯を、

ディストラー氏からは装置と技術について順番に話してもらいました。


まずモーア局長のインタビュー概略です。


「ボルチモア市に最初のごみ焼却炉が出来たのは1925年。アメリカ全土では一番早かった。

私が清掃局に入ったのは1934年なので、既に10年が経過していた。焼却炉は現在も使用しているが、やはり何度も修理を繰り返しているため限界がきており建替えを迫られていた。

そのタイミングでEPAから提案がきたため市議会にて受け入れることが決定した。

装置は『モンサント社のキルン型熱分解炉』、総工費は1650万ドル。EPAからの補助金が1000万ドルであった。

1973年の1月に竣工し、完成したのは翌年の12月。

現在はまだ試運転中で、稼働中の排気ガスが州の基準を超えることがわかったため、電気集塵機を新しく設置することとなりいまは停止している。」

続いてインタビューした、ディストラー氏からの技術説明の概略は次の通りです。

「熱分解炉の1日24時間のごみ処理能力は約1000トン。ボルチモア市民が出すごみ、粗大ごみは全て破壊し、熱分解することができる。

この工程により、1時間当たり100トンの蒸気を作り出すことができるため、隣接する電力会社へ蒸気を買ってもらい、その後は地域暖房に活用する。

焼却残渣からは熱で分解しない鉄を回収し、残りの灰はガラス状に固めて土木資材にする。

排煙は水シャワーで洗浄し、その水は処理をして工場内で再利用して外に出さないクローズトシステムになっている。」


2人の撮影を終えた後、撮影隊はプラントへ向かいました。

昨日はその大きさにだけ圧倒されていた装置ですが、導入の経緯としくみを理解するとアメリカの国の意気込みをひしひしと感じました。

堀田カメラマンも同じことを思っていたようで、互いに気合を入れて撮影をしました。


最後に、工場から離れたビルの屋上から広大な工場全体を収録しました。


次は、世界の文化の中心地ニューヨーク市へと向かいます。


プラントの全景写真とシステム図をホームページにアップしておきます。







0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page