top of page

水物語その115 アメリカのごみ処理事情②

アメリカが威信を賭けて取り組みをはじめた新しい廃棄物再資源化プロジェクトは、

制定された6つの都市と共同で既に動き始めていました。

回収されるごみは主にパルプ、鉄、アルミ、ガラスで、

その回収方法と再処理の仕方が各都市で違い、

環境保全に効果的な工程を見つけるのが狙いでした。


テネシー州 フランクリンでは、

湿式分別という方法で1日約150トンが回収されていました。


ミズーリ州 セントルイスとデラウェア州では、

1日約500〜650トンの鉄とアルミとガラスを回収しながら固形燃料を製造し、

発電所のエネルギーとして利用していました。  


メリーランド州ボルチモアでは

熱分解によるエネルギーで1日1000トンを回収。

初めに鉄とアルミとガラスを回収し、

後のごみを熱で分解してガス化して蒸気エネルギーとして活用し、

残った残渣は水の中で固まりにしています。


カリフォルニア州サンディエゴでは

熱分解によるエネルギー回収で1日約200トン、

マサチューセッツ州ローウェルは

焼却残渣からの1日約250トンを回収。


この6つの中でもメリーランド州ボルチモアで行われていた熱回収は

EPA(連邦環境保護局)も期待をしていました。

物質回収後のごみを熱エネルギーにして活用し、

残渣がガラス状の塊になるので、

埋め立てても地下水を汚染しないからです。


1975年の取材当時は科学技術に対する信頼が強く、

その点で世界をリードしていると自認するアメリカは、

ごみ問題も科学の力で解決出来ると考えていたのです。

取材班は、直ちに第3のプロジェクトが進んでいる

ボルチモア市へと向かいました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page