top of page

水物語その115 アメリカのごみ処理事情②

アメリカが威信を賭けて取り組みをはじめた新しい廃棄物再資源化プロジェクトは、

制定された6つの都市と共同で既に動き始めていました。

回収されるごみは主にパルプ、鉄、アルミ、ガラスで、

その回収方法と再処理の仕方が各都市で違い、

環境保全に効果的な工程を見つけるのが狙いでした。


テネシー州 フランクリンでは、

湿式分別という方法で1日約150トンが回収されていました。


ミズーリ州 セントルイスとデラウェア州では、

1日約500〜650トンの鉄とアルミとガラスを回収しながら固形燃料を製造し、

発電所のエネルギーとして利用していました。  


メリーランド州ボルチモアでは

熱分解によるエネルギーで1日1000トンを回収。

初めに鉄とアルミとガラスを回収し、

後のごみを熱で分解してガス化して蒸気エネルギーとして活用し、

残った残渣は水の中で固まりにしています。


カリフォルニア州サンディエゴでは

熱分解によるエネルギー回収で1日約200トン、

マサチューセッツ州ローウェルは

焼却残渣からの1日約250トンを回収。


この6つの中でもメリーランド州ボルチモアで行われていた熱回収は

EPA(連邦環境保護局)も期待をしていました。

物質回収後のごみを熱エネルギーにして活用し、

残渣がガラス状の塊になるので、

埋め立てても地下水を汚染しないからです。


1975年の取材当時は科学技術に対する信頼が強く、

その点で世界をリードしていると自認するアメリカは、

ごみ問題も科学の力で解決出来ると考えていたのです。

取材班は、直ちに第3のプロジェクトが進んでいる

ボルチモア市へと向かいました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その164「土と水の自然学」の取材⑰~理論編~

内水先生は「理想的な沼の底質」と表現されますが、 ここでは分かりやすく、理想的な条件が揃った中で、 永い時間を掛けて出来た「沼の土」、もしくは「最高の土壌」と呼ぶことにします。 前回は、その「最高の土壌」が出来る自然の条件と 出来上がった「最高の土壌」が最悪レベルに汚れた水を たちまちに綺麗にする実験の話をしました。 今回は、その「最高の土壌」ができるしくみを 理論的に解読する話です。 白板を背に

水物語その163「土と水の自然学」の取材⑯~理論編~

今回から理論編に入ります。 理論編もノーナレーションで作られています。 畜産編と処理編の現場事実を観ながら、 いろんな疑問が浮かび、更に詳しい説明を求める人に、 内水先生が突っ込んだ説明を様々なシチュエーションで行ったものです。 ここではそれを映像なしで紹介するのですから、 途方もなく難しい作業ですが、是非理解して欲しい内容です。 「土と水の自然学 - 理論編」のタイトルが消えると、 九州のある低

水物語その162「土と水の自然学」の取材⑮~処理編~

処理編の最後は、多くの住人が住むマンションの生活排水処理に関してです。 マンションの全景が画面に表示されます。 「兵庫県明石市 土山駅前スカイハイツ」 地上14階 戸数647 画面が切り替わり、処理施設の入口には、 現場担当者を挟んで内水先生とインタビューアーの長崎浩さんが立っています。 長崎さんが早速インタビューを始めます。 「このマンションは建ってから何年になるのですか?」 「約10年になりま

Commenti


bottom of page