top of page

水物語その111 ローマのごみ処理事情②

ランチを終えた後は、

取材をお願いしているローマの

あるご家庭へと向かいます。

古い石つくりでできた3階建てのアパートの1階に

ご夫人と長男夫婦2人、次男、三男という

5人で暮らしているお宅です。


訪れた時は「息子たちは仕事に出ている」とのことでしたので

ご夫人が1人で迎え入れてくれました。

大きな扉を開けるとすぐに広いリビングになっていて、

リビングの片壁には大きな食器棚が作り付けてありました、

歴史のありそうなガラス張りの食器棚の中には

何代も前から受け継がれているという陶器が飾られていました。

リビングの奥は広いテーブルのある食堂で、

隣がキッチンになっていました。


一番ごみが出るのは料理中とのことでしたので、

ご夫人の夕食準備中を撮影する段取りにしていました。

今夜の献立は

蒸し野菜とステーキとスパゲッティとのこと。

市場の紙袋から人参、じゃがいも、ブロッコリーなどを

次々に取り出して大きな鍋の中でまとめて洗うと

今度はペティナイフを使って

野菜たちを手際良く切っていきます。

まな板は使わず鍋に落としていくように一口大に切っていき、

ヘタなどは、流しの引き出しに挟んで広げた黒いごみ袋へそのまま捨てます。

そこには市場の紙袋も、空いた缶詰やワインのカラ瓶、

家族が外で買ってきた新聞や雑誌も全て入れているそうで、

毎日朝6時に玄関扉の脇に出すのだそうです。


夕食は全員帰ってきてからとのことで、

一旦ホテルに引き上げ、午後7時前に再び尋ねました。


食堂のテーブルの上には5人分のお皿が並べられ、

真ん中に置かれた大きなガラスボールには

蒸した野菜が山盛りです。

仕事から戻っていた兄弟たちが

ソースたっぷりのステーキを運んできて並べていきます。

最後に夫人が大きなボールに入った

茹で上がったばかりのスパゲッティを

テーブルの真ん中に置き、

長男がワインを開けると夕食の始まりです。

スパゲッティをそれぞれ取って

削り器でチーズをかけるのですが、

私はあんなにチーズをかける人々を初めて見ました。

山盛りの蒸し野菜も瞬く間に減り、

ワインボトルもあっという間に空です。


こういった食事は撮影のために用意したわけではなく毎日だとのこと。

一般市民で働く人の圧倒的な食欲と

迫力をつくづくと感じさせられた取材でした。

確認のため黒いごみ袋の中を見てみると

ワインボトルも雑誌も確かに「全て」一緒に入っていました。

翌朝、6時に出されるところから取材させて貰うことをお願いして、

この日の取材を終えました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page