top of page

水物語その110 ローマのごみ処理事情①

パリ、ドイツとヨーロッパの先進的なごみ処理現場を目の当たりにした

私たち取材陣が次に向かったのはイタリア・ローマ市です。

1975年の11月5日から8日までの4日間取材しました。


ローマに来た最大の目的は市のごみを処理しているというザール社が開発した、全てのごみを自動で分別する『RRRシステム』の取材でした。


もちろんアポはとっているもののザール社については殆ど詳しい情報がありませんでしたのでまずは市の清掃局の“公式”取材からスタートしました。


ローマ市の清掃局は、中心地から少し離れたエウルという1930年代にできた当時では

まだ新しい地区にありました。

ローマ万博のために建設された近代建築も多く特に有名なイタリア文明宮はコロッセオを彷彿とさせる外観で現在、有名ハイブランド フェンディの本社となっています。

清掃局も、モダンな空気を纏う4階建のビルにありました。

案内された局長室では清掃局長のルゲッロ・スクワットリティ氏が明るく出迎えてくれイタンビューにも快く対応してくれましたが、実際話してくれたのは秘書の青年でした。


彼はアポイントを取る際、一緒に依頼していた質問リストの内容をスラスラと答えてくれました。

『ローマ市の人口は現在290万人。

 1日に出るごみの量は約2000t。一人当たり約700gです。

 ごみ収集は毎日朝6時半から12時まで。

 家庭ごみが90%、10%は商業と工場からのもの。

 内訳は、紙20%、プラスチック4%、金属3%、ガラス6%、有機物30%、その他37%です。

 処理方法はまず、ザール社が全体の3分の1を再生処理しています。

 余った10%は埋立て処理をして、

 残りは2か所の焼却場で燃やしています。』


通訳のために区切りながらも事務的に答える彼の横で、

局長は「その通り」という笑みを浮かべてうなずいて見せました。


やっと一段落したところで、

「ごみの中のプラスチックの割合が他の国に比べて多いようですが問題はありませんか?」

と飯島さんが質問しました。

するとここで局長が「何も問題はありません!」と大袈裟に手を広げて答えたのです。

その後も、いくつか市として抱えている問題などがないか 質問をしましたが そのたびに首を振って「問題ない」の一点張りで、

ごみの再生処理については「ザール社で取材したらわかる」という回答でした。

最後に、焼却場と埋立地の取材を申し込みましたが

「それは予定になく、これから手配するので決まったら連絡する」

と言われ、その日は終わりになってしまいました。


なんだか釈然としない気持ちのままビルを出た私たちは、次の取材まで時間が空いてしまったので、街のレストランへ本場のパスタを食べに向かいました。


午後は、ローマ市民の一般家庭でどのようにごみが出されているのか、実際のお宅へ伺い撮影することになっていました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page