top of page

水物語その105 オランダのごみ処理事情

翌日は空路でパリからオランダの首都アムステルダムへ飛び、

車で5時間かけて取材地のロッテルダムに入りました。

着いた時は夜でしたので判りませんでしたが、

翌朝早くホテルを出て街を見てみると、

歩道にごみ袋が10メートル間隔で積まれていました。

その日がごみ収集日のようで、間もなく取集車が来て

制服を着た二人の作業員が手際よく

パッカー車の後ろに積み込んで行きました。

ごみを収集した後には何も残っていなくて、

見渡すとどこもとても清潔な感じでした。

”パリとは大分違うな”と感じ、ホテルへ戻って朝食を取りました。


ロッテルダムでの取材目的は、ごみ焼却施設2箇所の実情です。

まず、市役所の清掃事務所に行って、全体の状況を聞きました。

その時の様子を飯島さんは見聞記に次のように書いています。

「清掃事務所は、ごみ積み替え所に隣接して運河のそばにあった。

 会議室の下まで運河が入り込んでいて、釣りをしている人が見え、

 ヨットやモターボートもつながれていて、いかにものどかな風景であった。」


清掃事務所では市の広報担当者がインタビューに答えてくれました。

ロッテルダム市には市営と私企業の焼却場が1か所ずつあり

市営では家庭から出る可燃ごみが、

私企業では産業と商業から出る可燃ごみが

焼却処理されていました。


ごみの焼却処理が始まったのは1912年日本の大正元年で、

始めから発電と地域への熱供給を行っていました。


生ごみは別に集めて人間の排泄物と一緒に堆肥にしているとのことです。

その堆肥の使い道を尋ねると

チュッリプ栽培や野菜畑と牧草地に撒いているとのことでした。

残念ながら、撮影項目に入っていませんでしたので、見ることはできませんでした。


広報担当者に

「今朝、ホテルの前でごみを収集車が積むのを見たのですが

ごみの出し方も収集後もとても清潔でした」と感想を述べると

ロッテルダムは名前の通りロッテ川に堤防即ちダムを築いて

人工的に作られた都市であるから

「街中を家の中のようにいつも清潔に保たなけれなならない。」

だから、

「幼児の時から教育を徹底している」と

全家庭に配布している”すごろく”など13種類の教材を見せてくれました。


 子供教育用の教材の一部 >

さらに、市には50人のごみに関わるインスペクターがいて

市内を毎日巡回し、住民と親しく接して指導しているとのことです。

インスペクターには警察官と同じ権限が与えられており

「ごみを取集する役、積み替え場で働く者、焼却場の技術者の方々、

ごみに関わる全ての職員は責任と誇りを持って働いています。

 市民からも尊敬されています」

と広報担当者は、誇張ではなく、普通で当然ですという感じで言いました。

全体に成熟した”大人な感じの社会だな”という印象を強く感じました。


<パトロールするインスペクターと堀田泰寛カメラマン>

オランダ国は日本が鎖国をしていた江戸時代の300年間、大きな役割を果たした国です。

長崎の出島を窓口にして世界の情況を伝えており、その知識は”蘭学”として、広く受け入れられていました。

当時のオランダは東インド会社を作り、アジアの国を支配した世界の強国でした。


そんな国が今では人が楽しく綺麗に生きることを大切にする、円熟した国になっているのです。

もっと深く知りたいと思いましたが、

2か所の焼却場を撮影するための二日間のスケジュールしかなく、

それ以上の取材は断念せざるを得ませんでした。
















0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page