top of page

水物語その103 パリのごみ処理事情③

テーブルの上に広げられた資料は

2500年以上のパリの歴史資料が積まれていました。

道の真ん中に水場ができ、毎朝、道路を掃除する彼がいる意味を

理解するためにはその歴史から知る必要があったのです。


「花の都」と呼ばれ、世界的にも人気の高い観光地のパリですが、

14世紀から17世紀までの300年間に

ペストとコレラのパンデミックが起こりました。

これにより、パリ市民の4分の1が死亡したといわれています。

今では細菌の存在は当たり前ですが、

当時はもちろん誰も知らない時代です。

特に感染が広がったペストは、

ペスト菌を持ったノミや家ネズミを介して人間に感染します。

このノミや家ネズミは不衛生な場所に集まり増殖しますが、

当時のパリには都市衛生の考えがほとんどなく、

街全体がネズミたちの温床になっていました。

特に、驚いたのはトイレなどの汚物や生活用水が流れる下水道は

19世紀末にようやく整備されたというのです。

それまでは、各家庭で出された汚物などを

住民が窓から道路に投げていたのです。

それらは回収されることはなく、

雨にさらされセーヌ川へと注がれていきます。

その時に、下水道の代わりとなっていたのが

道路の中央に刻まれた溝、路上中央溝でした。

(以下参考写真です)

パリ観光サイト「パリラマ」より引用


パリの通りにはいまもその路上中央溝が残っています。

路上中央溝は決して清掃されることはなく、

夏には水が澱んで腐り、強烈な悪臭を放っていました。

さらに、街を走る馬車がその水を跳ね上げ

道行く人にその飛沫がかかりました。

この溝は汚物でよく詰まるので、

雨が大量に降ると汚水が溢れだし、

街全体を悪臭で包みました。


また、当時のパリは貧困の差が激しく

その日暮らしの人々も多い街でした。

スラム街で暮らす人々は、手に入れた食べ物や食べかけを

自分の住処にとっておきます。

すると、その食べかけをエサとする家ネズミがやってきます。

公衆衛生観念の低さと長く続く貧困により

パリの街が感染症の巣窟となったのです。

このパンデミックを収束させるため、

様々な学者が集まり会議を開きました。

早急に必要なのは都市部の公衆衛生管理であり

下水道と上水道の大規模な改革が提案されたのです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page