top of page

水物語その100 欧米のごみ処理事情

ヨーロッパでの取材先は、

フランスのパリ、オランダのロッテルダム、

ドイツのフランクフルトとエッセンとハイデルベルク

そして、イタリアのローマです。


取材期間は1975年10月18日〜11月9日までの23日間です。

まず、それぞれ自治体のごみ担当者にインタビューを行い、

焼却施設とごみ埋立地を撮影。

街中のごみ収集風景を取材して、

最後に一般家庭へお邪魔し、暮らしの中で

どのようにごみがでるのかを撮影しました。


おもしろいことに出るごみは同じでも

それぞれの地域によってごみに対する考え方が違っていました。

それは、その国や地域の永い歴史からできた価値観であり

家庭での生活習慣にも繋がっておりとても興味深いものでした。


ヨーロッパでの取材を終えると私たちはアメリカへと飛びました。

期間は11月10日から約2週間。

ワシントンでEPA(連邦環境保護局)、

ニューヨーク市、ボルチモア市、

ヒューストン市、ロサンゼルス市で取材をしました。


移民の国とも呼ばれるアメリカのごみに対する考え方は、

永い歴史を持つヨーロッパとは根本的に違っていました。

ヨーロッパの自治体では、ごみはごみとして処分するだけではなく

活用しようとしていましたが、

アメリカでは、広い国土のどこかに埋めれば良い、

という考え方が基本でした。

そのため、ごみ処理における一番重要なのは

「ダンプ・フィー」すなわち、「埋め立て費用」なのです。

焼却処理をする場合は、ダンプ・フィーに見合うことが条件となっていたため、

焼却炉の機能や技術はレベルの高くないものばかりでした。

しかし埋立地の環境汚染が問題になっており

EPA(連邦環境保護局)が主導して、

ごみを溶かして固める、いわゆる「溶融方式」という

最新技術が開発中でした。


取材から帰ってすぐに「ごみと社会 -世界のごみ処理システム -」

という42分の映画を仕上げました。

しかし、内容があまりに多過ぎて、

概論しか語れない作品になりましたので

それぞれの現地の事実と本質を伝えるべく

「ヨーロッパのごみ資源化システム」と

「ごみに挑むアメリカ」

という映画を作りました。


この3本も映像データが残っていないか調べましたが、

残念ながら見つかりませんでした。

映像資料をお見せすることは叶わないのですが

私の手元に、映画「ごみと社会 欧米ロケ見聞記」という

一緒に取材を回った協会メンバーの飯島さんと青柳さんが

まとめてくれた本が残っています。

次回からは、これを元にヨーロッパとアメリカ、

それぞれのごみへの意識と価値観、そして歴史や生活について

旅のエピソードを交えながらお話しします。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page