水

​「水つくり」開発ストーリー
水物語その9 ガイア理論

セラミックを充填した装置を設置した数件の酪農家から

「なんだか家のは水が効いてない感じがする」

との感想が寄せられました。

 

急いで伺って、水を採取して持ち帰って、MRAで測定してもらったところ、

8つコード(総合・免疫・ストレス・触媒・疾病・毒素・神経)で、

+21満点のところ、いずれの項目も+1,2,3、中には+10以下のものもありました。
念のためと、以前に設置した酪農家の水も持ち帰っていたので、

それを測定してもらうと8項目とも+21~20でした。


この1,2か月の間に設置したセラミックに問題があると睨んだ私は、

製造過程と加工過程を調べました。


セラミックは電気炉で焼かれます。素材の持つエネルギーは電磁波の影響で閉じ込められます。

それを復元する為に、「特別な液」に浸漬してから太陽光に当てて乾かします。

ところがその「特別な液」が高価なので、

友人はその経費を浮かす為に

薄めて使うよう指示していて、

その結果を確認していなかったのです。

 

私は、そのことをすぐに友人に報告して元に戻すよう進言しました。
ところが友人は

「そんなことをしていない」

と言うのです。

実際に、力が低下しているという結果が出ているのだからと言っても、聞き入れてくれません。

友人の会社経営の苦労を推察は出来ましたが、

私の方は、既に装置を酪農家に販売していて

その結果に責任があります。

 

友人に、

“「特別な液」を作っている会社から

液を直接購入して、

私の装置用のセラミックの

液処理をして良いか”と

了解を取り付けて訪ねたのが

中根滋理工学博士が主幹する

「生命環境工学中根研究所」でした。

 

中根滋博士は、

アメリカのMRAにヒントを得て、

独自の波動解析装置「MIRS」や

「波動転写装置」を開発し、

様々な波動液も作っている

生体微弱波動理論と技術の開拓者です。

 

事情を話して協力を依頼しましたら、

私の装置に使えるセラミックを

直接提供してくれることになりました。

 

提供されたセラミックは4種類。

それをどう組み合わせるかは私の責任です。


中根研究所で「MIRS」を使っての

水の測定項目は

「7つのチャクラ」と「天・地・人」コード

でした。
それらのコードも中根滋博士が決めたものです。


私の装置で4種類のセラミックの組み合わせをいろいろ試して測定してもらいました。

測定値も+21が最高値ではありません。

そのすべての項目で+23~25になるベストな組み合わせを見つけました。

そして、この間に購入してくれた4軒の酪農家の装置のセラミックを交換し、

処理水の測定をして、

約3か月後、

乳牛の健康状態と乳質に

十分な効果があることを確かめました。

この成果を確認した後、

農水省と経産省の認可を得て、

養鶏家とハウス農業者と流通業者と組んで

水工学業協同組合を設立、

理事長に中根滋博士、専務理事には惣川が就任しました。


事業は、農業だけでなく、河川や堀池の浄化など多方面に展開しました。

同時に、水の構造と波動の関係を解明する実験と研究を進めました。


この間に、東京大学で

水の研究室を開いておられたロケット理論で有名な糸川英夫博士と中根滋博士を、

私の同級生栗山一夫君が紹介して会談し、

糸川博士から過去の成果を引き継いで欲しいと

依頼されました。


さらに、糸川博士の紹介で

ジェームス・ラブロック博士の知己を得て、

親しくお話をさせて頂きました。


ラブロック博士は

ガイア仮説の提唱者で有名ですが、

肝心のガイア理論の重要さについて理解している人は少ないようです。

 

ガイア理論の核心は

「地球が一つの生命体である」こと。

沢山の生命体が生存する生命圏惑星ではなく、

地球自体が一つの生命体であるということです。


これは、それまでの客観主義科学の常識を覆す大発見なのです。

当然、地球上の水についての考え方、捉え方にも根本的な変革を迫るものです。

お問い合わせ

​​ご注文、設置に関するご相談、製品に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ内容:

会社名:有限会社シューコーポレーション

​​所在地:〒201-0012 東京都狛江市中和泉3-26-1

TEL:03-5497-2777

Fax:03-5497-2823