水

​「水つくり」開発ストーリー
水物語その12 構造水

四つ目に、水の溶解力には限界がありますが、

ガイアはそれをコントロールしています。

水に砂糖を溶かしても、塩を溶かしても、

ある程度以上は溶け込めません。

他のものを溶かしても

同じように限界があります。

これを溶融限界と言いますが、

海の海水の塩分濃度は

溶融限界27%より低い3.5%です。

塩分はいろんなところから溶け込みますから

もっと濃くても良いのですが、

地球の海の塩分濃度は3.1~3.8%の間です。
これ以上濃くなると

海の生き物は生きていられません。

どうしてこの濃度で

コントロールされているのか?

正にここにガイアの働きがあると考えられます。


ガイアは1 つの生命体ですから、

自己の体をホメオスタシス=一定保持します。

人体の膵臓や肝臓のように、

海はガイアにとって1 つの器官、

海水はその機能です。

海水の中で生きものが生きられる機能を

果たすために

塩分濃度を±3,5%に保っているのです。

どういう仕組みでそれを行っているのかを

人類はまだ解明できていません。

陸上の水=淡水の溶解力も、

陸上の生物が生きられる水が出来るように

ガイアはコントロールしていると思われます。

そのやり方の一つが、

内水博士が読み解いた土壌との組み合わせで、

生きものに良い水が出来るしくみだと言えます。

 

水物語 その8で、

「良い水」の判定を共鳴磁場測定で行う方法を

解説しましたが、

生活レベルでは冷蔵庫で透明な固い氷が出来、

溶けた後の水が美味しくなっている水は、

間違いなく良い水です。

自然の中でも冬にそういう氷が作られています。

そんな氷の結晶を顕微鏡で見ると、

良い水の結晶は六角形をしていますが、

良くない水の結晶は
ぐじゃぐじゃで崩れやすいです。

結晶①.png
結晶②.png

​六角形の結晶

​形が崩れた氷の結晶

分子生物学の方では、

水と細胞との関係が解明されています。
総ての細胞の周りを水分子が一列で

くまなく取り囲んでおり、

しかもそれが三重になっていると

考えられています。
その想定図は下の通りです。

蛋白質の結合水.png
蛋白質のまわりの水の状態.png

細胞の周りにきれいに並んだ水のことを

「構造水」と言います。

透明な硬い氷が出来るような水も

「構造水」で
「構造水」が生体に良いことは

間違いありませんし、

解けた水が美味しい理由も

これでわかります。