水つくりの原理

水つくりセットは、不純物を除去するフィルター塔と原水を活水化するMZ型の2塔式です。

水つくりの仕組み

最初にフィルターハウス内で塩素やトリハロメタンなどの不純物を除去した後、

活水塔内に設置した独自開発のセラミックと水流調節を行うステンレスプレート(特許第4490079号)を通過させることで、通過水を活水化させます。(活水器構造 特許第3304514号)

活水塔内部は、独自セラミックと

​水流調節用のステンレスプレートで構成されています。

活水塔

活水塔内部

水道水の使用による影響

各家庭の水道水は、給水管を通って台所・お風呂場などの暮らしの水に使われています。

この給水管の中がどうなっているかご存知ですか?
​右の写真は当社が伺ったお宅の給水管の様子です。

建築後10年以上経過すると、写真の様なコブ状の赤サビが発生します。

現在の水道水には殺菌剤として塩素が多量に投入されており、この塩素の強力な酸化力がより一層サビの発生に拍車をかける結果となっています。

赤サビを放置しておくと給水管の老朽化が進み、水質悪化、赤水や異臭が発生します。

畜産業における変化

多くの養豚場では、悪臭や臭いによる多くのハエが集まっています。
しかし、水つくりを使用している養豚場では悪臭が薄まり、ハエの数も大幅に減少しました。(下記写真参考)また、子豚たちの生育や毛並みの艶にも変化が出ます。

水つくりを使用している養豚場では、子豚たちの生育や毛並みの艶にも変化が出ます。
子豚は授乳期が終わり離乳食に切り替わると、エサと共に水を飲みだします。
この時に飲む水が成長を大きく左右します。活水化された水を与えると食欲旺盛になり、生育が早まりますが、不純物の多い水を与えると体の弱い豚は体調を崩し最悪の場合、命を落としてしまうのです。

お問い合わせ

​​ご注文、設置に関するご相談、製品に関するご質問など、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ内容:

会社名:有限会社シューコーポレーション

​​所在地:〒201-0012 東京都狛江市中和泉3-26-1

TEL:03-5497-2777

Fax:03-5497-2823