top of page

水物語その80 森を育むエゾリス

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って

撮影を進めていきました。

足繁く通ったかいがあり、

エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って

どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。


冬が終わると、次は6月。

弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。

鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。

まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。

まだどんぐりの実が根っこに付いており、

掘り出すと種が付いていました。

次に、周辺の倒木の撮影です。

ある1本の木の幹を鈴木さんがノコギリで切り、

年輪を数えていきます。

直径は20cm程度でしたが

なんと樹齢は150年以上もありました。

鈴木さんは「こいつも苦労してきたんだ」と

切り口をなでながら言いました。


9月の末になると、

いよいよ熟れたどんぐりの実を「植える様子」の撮影です。

鈴木さんの話では、

「ある日、何かに取り付かれたように植えまくる」とのことで

鈴木さんとスタッフみんなで予想日をたてながら準備を進めました。

エゾリスも私たちの存在に慣れていたのもあり、

「植える様子」は無事に撮影することができました。

木の上でどんぐりを口にくわえると

降りてきてすぐ近くへ埋め、

ちょこちょこっと落ち葉を被せる姿は

本当に「植える」という表現がビッタリでした。

残念ながら鈴木さんが教えてくれた

「取り付かれたように植える」場面には出会えませんでしたが

冬に深みのある雪の中から、どんぐりを見つけてくるのは

これのおかげなのだろうと思います。


これはエゾリスに見られる特徴で

同じリスのシマリスもどんぐりを食料としていますが

巣の中に運んで蓄えてしまいます。

エゾリスは自分たちだけではなく、

林と共に生き、育っている動物なのです。




雪の中からどんぐりを掘り起こすエゾリス


どんぐりを食べる様子


1〜2年目の実生


年輪を数える鈴木さん


どんぐりを「植える」様子

2枚目は落ち葉を被せている様子



0件のコメント

最新記事

すべて表示

水物語その158「土と水の自然学」の取材⑫~処理編~

次は、食品加工工場団地の排水処理です。 九州熊本県人吉市にある食品工業団地の看板にタイトルが出ます。 「熊本県人吉市 人吉総合食品団地協同組合」 続いて団地の全景に経過を説明する字幕がでます。 「この団地は1982年に設立され 6社の工場の内5社の廃液を 共同処理しているが、悪臭と 血汁等高濃度廃液及び 汚泥の処分に苦しんできた。 ’86年から内水護博士の指導で 施設を改善、現在では総てが 解決し

水物語その157「土と水の自然学」の取材⑪~処理編~

放流水でイワナが元気に生きているのを確かめた後は 脱水ケーキの堆肥化を見ます。 脱水ケーキとは沈降槽(ちんこうそう)で沈んだ汚泥のことです。 <汚泥脱水装置> 新しい汚泥には既に出来上がっている 堆肥を混ぜて醗酵させています。 その作業を見ながら内水先生は臭いを確認します。 「もう、この段階で臭いはほとんどありませんね」 映像には汚泥と堆肥を混ぜる装置が映ります。 <新しい汚泥の臭いを嗅ぐ内水先生

水物語その156「土と水の自然学」の取材⑩~処理編~

処理編の最初の現場は長野県安曇野市豊科町です。 町を見下ろした全景の映像にタイトルが出ます。 「名水百選の町・豊科では、 家庭に設けた浄化槽の汚泥を 集中処理しているが、その悪臭に悩まされていた。 1984年の秋から内水博士の指導で 施設の改善を行い 現在では悪臭が除去され、 放流水質も向上している。」 そして、 バキュームカーが生活雑排水処理場に入ってくるシーンになり 内水さんがこの処理場を最初

bottom of page