水物語その80 森を育むエゾリス

私たちは事前打ち合わせで決めたルールに沿って

撮影を進めていきました。

足繁く通ったかいがあり、

エゾリスが一面に積もった雪の中へと潜って

どんぐりを見つけてくる様子は沢山撮影できました。


冬が終わると、次は6月。

弱った木々が倒れ、空が広がった場所で育つ実生の撮影。

鈴木さんが事前に良い撮影ポイントをチェックしてくれていました。

まず撮り始めたのは、芽吹いて1〜2年の実生です。

まだどんぐりの実が根っこに付いており、

掘り出すと種が付いていました。

次に、周辺の倒木の撮影です。

ある1本の木の幹を鈴木さんがノコギリで切り、

年輪を数えていきます。

直径は20cm程度でしたが

なんと樹齢は150年以上もありました。

鈴木さんは「こいつも苦労してきたんだ」と

切り口をなでながら言いました。


9月の末になると、

いよいよ熟れたどんぐりの実を「植える様子」の撮影です。

鈴木さんの話では、

「ある日、何かに取り付かれたように植えまくる」とのことで

鈴木さんとスタッフみんなで予想日をたてながら準備を進めました。

エゾリスも私たちの存在に慣れていたのもあり、

「植える様子」は無事に撮影することができました。

木の上でどんぐりを口にくわえると

降りてきてすぐ近くへ埋め、

ちょこちょこっと落ち葉を被せる姿は

本当に「植える」という表現がビッタリでした。

残念ながら鈴木さんが教えてくれた

「取り付かれたように植える」場面には出会えませんでしたが

冬に深みのある雪の中から、どんぐりを見つけてくるのは

これのおかげなのだろうと思います。


これはエゾリスに見られる特徴で

同じリスのシマリスもどんぐりを食料としていますが

巣の中に運んで蓄えてしまいます。

エゾリスは自分たちだけではなく、

林と共に生き、育っている動物なのです。




雪の中からどんぐりを掘り起こすエゾリス


どんぐりを食べる様子


1〜2年目の実生


年輪を数える鈴木さん


どんぐりを「植える」様子

2枚目は落ち葉を被せている様子



閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

1年間の追加撮影を行ったあとは 膨大な映像素材を編集し、 ようやく番組を放送することができました。 番組のはじまりは 猛烈な吹雪の中、木の枝の上で クルミを食べるエゾリスからです。 スタジオには鈴木さんを呼びました。 冒頭のエゾリスの姿に、 「上手に割って食べるんですね」 と聞き手の見城さんは感心していましたが 「いや、こいつはまだ下手くそですね」 と鈴木さん。 長年追っているからこそわかる違いが

鈴木泰司(やすし)さんは1987年に エゾリスの写真集を平凡社から出版しました。 副題には「森の妖精」とつけられたその写真集の表紙は、 エゾリスと鈴木さんの関係が1枚で伝わる 非常に素敵な表紙です。 表紙をめくった最初の見開きには 当時4才の鈴木さんの長男・草介(そうすけ)くんが エゾリスと間近で見つめ合っている写真が載っています。 四季折々の彼らを追ったその写真たちには 森への深い思いとエゾリス

今回からは 野生の王国「北海道の森の植林王・元気印エゾリスの四季」 のお話をしていきます。 この番組は4本の北海道シリーズの中で一番苦心した作品です。 見た目にも可愛いエゾリスの生態は 谷口カメラマンが美しくかつ珍しい映像で たくさん記録していました。 それを紹介するだけで番組は成り立ちます。 しかし、番組を通して伝えたいと思った芯の部分は さらに深いところにありました。 北海道という広大な北の大