名水の条件

公益社団法人 日本地下水学会の評価基準に基づき、水中に含まれる10の成分量で判断。

水中に含まれる10の成分
・硫酸イオン
・炭酸水素イオン
・塩化物イオン+硝酸イオン
・マグネシウム+鉄
・カルシウム
・ナトリウム+カリウム

これらの成分をmg/Lでスティフダイヤグラムに表示した際、菱形ないしソロバン型になるのが名水として理想です。

 


公益社団法人 日本地下水学会とは

公益社団法人 日本地下水学会とは1959年設立。日本全国100箇所以上の名水調査を実施。1994年に「名水を科学する」、1999年に「続・名水の条件」を提示。

1959年設立。日本全国100箇所以上の名水調査を実施。
会員数は千名を数え,地下水にかかわる理学・工学・農学などの幅広い分野の研究者・技術者を擁しており,地下水に関する総合的な学問の発展ならびに地下水の開発・保全に関する研究,技術の広範な普及を目的とした学会。(公益社団法人 日本地下水学会HPより引用)
1994年に「名水を科学する」、1999年に「続・名水の条件」を提示。


名水の条件=日本地下水学会の評価基準

上記10の成分の量をmg/Lでスティフダイヤグラムに表示した時に、菱形ないしソロバン型になるのが理想的である。



自然水と水道の比較

この名水の条件を実際の自然水と水道水に当てはめると

自然水と水道の比較。スティフダイヤグラムに表示した時に、菱形ないしソロバン型になるのが理想的である。

都市水道水:採取方法は3回、3日間に分けて採取。
考察:
・硫酸イオンの増加
→石油系燃料の排気ガスによるものと推察。

・硝酸イオンの増加
→畜産糞尿の未処理廃棄、農薬、生活排水によるものと推察。

・塩化物イオンの増加
→消毒用の次亜塩素によるものと推察。

※硫酸イオン・硝酸イオンは健康を徐々に低下させる影響があり、重大な環境問題として取り組まれています。



水つくりの水は名水か

水つくりを通した水で検査し、スティフダイヤグラムに表示すると 中央の炭酸水素イオンとカルシウムが増加しソロバン型に近くなりました。


水つくりを通した水で検査し、スティフダイヤグラムに表示すると 中央の炭酸水素イオンとカルシウムが増加しソロバン型に近くなりました。

(1)東京都麻布のビル
硫酸イオンSO4、硝酸イオンNO3、ナトリウムNa、カリウムKが減少し、マグネシウムMg、カルシウムCaが増えている。


東京都渋谷のビルの水道原水とRSリアクター処理水

(2)東京都渋谷のビル
硫酸イオンSO4、硝酸イオンNO3,ナトリウムNa,カリウムKが減少し、炭酸水素イオンHCO3、カルシウムCa,マグネシウムMgが増えている。


東京都墨田のビル。水道原水とRSリアクター処理水

(3)東京都墨田のビル
硫酸イオンSO4,硝酸イオンNO3、ナトリウムNa,カリウムKが減少している。


神奈川県大船のビル。水道原水とRSリアクター処理水

(4)神奈川県大船のビル
硫酸イオンSO4、硝酸イオンNO3、ナトリウムNa、カリウムKが減少し、炭酸水素イオンHCO3、カルシウムCa,マグネシウムMgが増えている。


▲このページのトップへ